『新建築』2017年2月号176頁から掲載されている「ひばりが丘団地 ひばりテラス118」杉山恒産(MANS建築デザイン)・アーキテクチャーラボ

東京都西東京市──1959年に竣工した旧日本住宅公団(現 UR都市機構)によるひばりが丘団地は,住戸数2,714戸の大規模団地である.その団地再生事業にあたって,竣工後のエリアマネジメントを手掛ける組織「一般社団法人まちにわ ひばりが丘」が2014年に設立.その活動拠点として旧テラスハウスを改修し「ひばりテラス118」が整備された.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Bitnami