『新建築』2017年3月号136頁から掲載されている「綾瀬の基板工場」浜田晶則建築設計事務所

神奈川県綾瀬市──厚木基地周辺の住宅や工場が共存する準工業地帯に建つ基板工場の増築棟.住宅と工場の間を取り持つ開かれた木造の工場として,平日は食堂やショールーム,休日はコミュニティスペースとして使用することが想定された.設計には3DCADとプログラミングを併用し,意匠的検討と工学的検討を同時並行的に行い,さまざまな条件に適応可能なモデルが作成された.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Bitnami