『新建築』2017年5月号134頁から掲載されている「虎渓用水広場」オンサイト計画設計事務所

岐阜県多治見市──多治見駅北側につくられた広場.この場所にもともとあった歴史的遺産である農業用水「虎渓用水」を活用しようと市民が働きかけ,暗渠となっていた水路を復活.椅子を自由に使える3つのあずまや、通り抜けができる自然に面した小さな広場がつくられ,さまざまな場所で憩うことができる.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Bitnami