『新建築』2017年8月号058頁から掲載されている「THREE-FAMILY HOUSE」倉林貴彦建築設計事務所

神奈川県川崎市──3住戸が積層された木造長屋.3つのスペースをずらしながら隣接させることにより,南北の抜けと共に,敷地境界からの引きも生み出している.建て込んだ環境の中,環境的に不利な1階に日照を確保するため南側の部屋へ行くほど天井を高くした.緩和規定により,敷地境界とのセットバック距離によって開口部面積が制限を受ける代わりに120mm角以上の木構造材現しが可能となった.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Bitnami