『新建築』2017年8月号076頁から掲載されている「SASU・KE」篠原聡子+金子太亮/空間研究所

神奈川県鎌倉市──鎌倉市内の山に囲まれた傾斜地に建つ長屋.中庭を囲んでオーナー住戸を含む9戸が配置される.鉄筋コンクリート造の壁の上に木造の小屋組みが各住戸をまたぎながら架かる.通りに面する部分の外装には木ルーバーを用い,日射しと周囲の視線を緩やかに遮る.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Bitnami