『新建築』2017年10月号128頁から掲載されている「ヨコハマトリエンナーレ2017空間設計」フジワラテッペイアーキテクツラボ

神奈川県横浜市西区──横浜トリエンナーレの会場である横浜美術館(本誌8907,設計:丹下健三・都市・建築設計研究所)の会場構成.中央に位置する2層吹き抜けのグランドギャラリーの既存石階段に,CLTによる木の床を重ね,多様な場所と関係性をつくり出した.中央を貫く既存階段に対して,その軸線を崩し,または繋ぐようにさまざまな高さの床や斜めの階段が新たに配置される.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Bitnami