『新建築』2018年2月号093頁から掲載されている「東京工業大学大岡山ハウス」安田幸一研究室(デザインアーキテクト) 東京工業大学施設運営部(総括・設計監理)

東京都目黒区──東京工業大学大岡山キャンパスの北側エッジに建つ既存の職員宿舎に耐震補強躯体,断熱補強などを施すことで,国際学生寮にリノベーションした.4名の学生がコンパクトな個室を保有しながら,既存床を取り払い2層分吹き抜けとしたLDKおよび水回りをシェアする.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Bitnami