『新建築』2018年3月号154頁から掲載されている「築地本願寺境内整備 インフォメーションセンター・合同墓」三菱地所設計/永田康明+長澤輝明

東京都中央区──幾多の改修を経て駐車場として使われていた本堂前の空間を「開かれたお寺」をコンセプトにさまざまな人が集うことのできる広場へ再構築するプロジェクト.お寺の情報を発信し,拠り所をつくる「インフォメーションセンター」,礼拝堂,地下納骨所を備えた「合同墓」が新設された.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Bitnami