Share

埼玉県所沢市──狭山湖畔霊園に建てられた管理休憩棟.緑豊かな森に隣接し,霊園へ至る坂の中腹に建つ.柔らかな楕円状のプランに沿って,55mm角の無垢の鉄骨柱で支持した75mm角の鉄骨梁を回し,120本の木梁を放射状に掛けた.ラウンジの外側を水盤が囲み,水面の反射による風景をラウンジから眺めることができる構成.

Share