Share

茨城県つくばみらい市──つくばみらい市において,21年ぶりとなる新設の小学校.斜めの壁による「ハーフオープンスクール形式」という設計手法を採用している.WS(中廊下)よりクラスルーム(CL)を見る.斜めの壁は筋交いと構造用合板を両面張りとしたパネル工法となっており,教室長辺スパン(8.1m)の長期荷重を負担している.木造と鉄筋コンクリート造の平面混構造.

Share