Share
『新建築』2016年8月号070頁から掲載されている「トヨシキ・ワールド・アパートメント」アトリエ・ワン

千葉県柏市──1950年代以降にベッドタウンとして開発された住宅地に建つ木造アパートの建て替え.角地に周囲の戸建て住宅に合わせたボリュームの家型を配し,3戸のメゾネット住戸と外階段よりアプローチする最上階の1戸の4戸を収めた.同じサイズの窓を使いコストを抑えた.階段室にも窓を設けることで2層分の採光を確保する.

Share