2017年5月号204頁──武蔵野クリーンセンター──KAJIMA DESIGN 武蔵野市(デザイン設計監修) 水谷俊博建築設計事務所(デザイン設計監修)

2017年5月号204頁──武蔵野クリーンセンター──KAJIMA DESIGN 武蔵野市(デザイン設計監修) 水谷俊博建築設計事務所(デザイン設計監修)

東京都武蔵野市──ごみ処理施設の建て替え.同じ敷地内を使い,工期を分けながら建設を進める.今回完成したのはプラント施設が入る第1期の計画.周辺施設へのエネルギー供給や,さまざまな人にごみ処理を知ってもらうための見学者通路の設置など,開いた施設としてさまざまな試みを行う.屋上では生ごみ堆肥を用いた菜園を整備して,ワークショップなども行われる. 建築専門誌『新建築』さん(@shinkenchikusha)がシェアした投稿 – 2017 8月 29 3:01午前 PDT 掲載号はアプリで購入できます! 書籍購入はこちら
2017年5月号196頁──港南区総合庁舎──小泉アトリエ

2017年5月号196頁──港南区総合庁舎──小泉アトリエ

神奈川県横浜市港南区──近接する旧総合庁舎の老朽化と地域人口の増加によって業務が増えて執務空間が手狭となり,新たな敷地に建て替えられたもの.旧庁舎に入っていた区役所,福祉保健センター,消防署の3つの機能をできるだけオープンに繋ぎ,住民に開かれた庁舎のあり方を提案している. 掲載号はアプリで購入できます! 書籍購入はこちら
2017年5月号188頁──北方町庁舎──宇野享/CAn・武藤圭太郎建築設計共同体

2017年5月号188頁──北方町庁舎──宇野享/CAn・武藤圭太郎建築設計共同体

岐阜県本巣郡北方町──岐阜県北方町の新庁舎.周辺には岐阜県の公共施設(「岐阜県営住宅ハイタウン北方南ブロック」)や,「北方町生涯学習センターきらり・ 岐阜県建築情報センター」)が建つ.バスターミナルに近接する新たな敷地に歩道や防災公園と一体で計画され,大きな軒下は災害時の屋外活動拠点にもなる. 掲載号はアプリで購入できます! 書籍購入はこちら
2017年5月号178頁──新発田市新庁舎──aat+ヨコミゾマコト建築設計事務所

2017年5月号178頁──新発田市新庁舎──aat+ヨコミゾマコト建築設計事務所

新潟県新発田市──旧市庁舎の移転事業.商店街の中心部に位置し,街ににぎわいを生み出す新たな交流拠点.東側には全天候型の半屋内広場「札の辻広場」があり,週末にはイベント会場、平日は公園の広場のように使われている.低層部の無柱空間を実現するため,橋梁(吊り橋)の原理を取り入れている. 掲載号はアプリで購入できます! 書籍購入はこちら
2017年5月号170頁──茂木町まちなか文化交流館「ふみの森 もてぎ」──内田文雄+龍環境計画

2017年5月号170頁──茂木町まちなか文化交流館「ふみの森 もてぎ」──内田文雄+龍環境計画

栃木県茂木町──300年続いた酒造蔵元の跡地に建てられた「図書情報館」,「歴史資料展示室」,「展示・町民ギャラリー」,「体験研修室」,「ブックカフェ・まちかどサロン」等が複合する町民のための施設.その場所にあった「仕込み蔵」や「土蔵」を残しながら、町が育てた町有林を利用した空間がつくられている. 掲載号はアプリで購入できます! 書籍購入はこちら
2017年5月号156頁──SHIBAMATA FU-TEN──馬場正尊+平岩祐季/Open A 塚越智之+宮下淳平/塚越宮下設計

2017年5月号156頁──SHIBAMATA FU-TEN──馬場正尊+平岩祐季/Open A 塚越智之+宮下淳平/塚越宮下設計

東京都葛飾区──12年間使われていなかった葛飾区の職員寮を改修した宿泊施設.地方自治体が運営業者や建築家と手を組み,使われていない公共空間の活用手法を総務省に共同提出し,企画や設計費用のサポートを受けることができる「公共施設オープンリノベーションマッチングコンペティション」という枠組みの中で採択された. 掲載号はアプリで購入できます! 書籍購入はこちら
2017年5月号142頁──オガールプロジェクト

2017年5月号142頁──オガールプロジェクト

岩手県紫波郡紫波町──オガールプロジェクトは盛岡から南へ約20kmの場所にある紫波町に計画された公民連携による事業.10年以上放置された町有地を活用し,第三セクターであるオガール紫波が中心となってオガールプラザ(本誌1209)、オガールベース(本誌掲載)、オガールセンター・オガール保育園(本誌掲載)、紫波町役場のほか分譲住宅街であるオガールタウン(本誌掲載)やサッカーグラウンドなどを整備した. 掲載号はアプリで購入できます! 書籍購入はこちら
2017年5月号134頁──虎渓用水広場──オンサイト計画設計事務所

2017年5月号134頁──虎渓用水広場──オンサイト計画設計事務所

岐阜県多治見市──多治見駅北側につくられた広場.この場所にもともとあった歴史的遺産である農業用水「虎渓用水」を活用しようと市民が働きかけ,暗渠となっていた水路を復活.椅子を自由に使える3つのあずまや、通り抜けができる自然に面した小さな広場がつくられ,さまざまな場所で憩うことができる. 掲載号はアプリで購入できます! 書籍購入はこちら
2017年5月号126頁──柏の葉イノベーションキャンパ アクアテラス/柏の葉T-SITE──日建設計(アクアテラスデザイン監修) オオバ(アクアテラス)  クライン ダイサム アーキテクツ 竹林正彦/日本設計 イチケン(柏の葉T-SITE)

2017年5月号126頁──柏の葉イノベーションキャンパ アクアテラス/柏の葉T-SITE──日建設計(アクアテラスデザイン監修) オオバ(アクアテラス)  クライン ダイサム アーキテクツ 竹林正彦/日本設計 イチケン(柏の葉T-SITE)

千葉県柏市──千葉県柏市の柏の葉キャンパス駅周辺の公民学が連携した街づくりの一環として,駅から国道16号線までのエリアを対象に企業や住宅以外の機能誘致に向けて開発が進む「柏の葉イノベーションキャンパス」の中心に位置する調整池の整備事業.これまで人が立ち入ることができなかった調整池を,新たな街区の中心となるパブリックな親水空間として街に開く.北側には子育て世代に対する生活提案を施設のコンセプトに掲げる柏の葉T-SITEが隣接. 掲載号はアプリで購入できます! 書籍購入はこちら
2017年5月号120頁──松之山温泉景観整備計画──蘆田暢人建築設計事務所

2017年5月号120頁──松之山温泉景観整備計画──蘆田暢人建築設計事務所

新潟県十日町市──日本有数の豪雪地帯に位置する松之山温泉で進行中の景観整備計画.環境省による温泉を利用したバイナリー発電実証実験に伴って計画された道路への消雪パイプの敷設事業が契機となり,消雪施設建屋,コミュニティセンター,ビジターセンター,街路灯などが整備された. 掲載号はアプリで購入できます! 書籍購入はこちら
2017年5月号110頁──吉野杉の家──長谷川豪建築設計事務所

2017年5月号110頁──吉野杉の家──長谷川豪建築設計事務所

奈良県吉野郡──林業で栄えた歴史を持つ奈良県吉野町と,個人がホストとなって宿泊施設として提供するマーケットプレイスを運営するAirbnbとの協働で建てられたコミュニティスペース兼ゲストハウス.2016年夏に東京・お台場で開催された「HOUSE VISION 2」にて展示の後,吉野町に移築された.地場産業である製材所の経営者からなる「Re:吉野と暮らす会」が吉野町からの委託を受けて運営管理を行う. 掲載号はアプリで購入できます! 書籍購入はこちら
2017年5月号100頁──木津川遊歩空間整備事業 「トコトコダンダン」──岩瀬諒子設計事務所

2017年5月号100頁──木津川遊歩空間整備事業 「トコトコダンダン」──岩瀬諒子設計事務所

大阪府大阪市西区──大阪市内を流れる木津川沿い左岸240mにわたり計画された遊歩道と広場.もともとは大阪城築城時に材木の物流拠点として使用された材木浜だったが,1955年以降,数回にわたり防潮堤が築かれ,水辺が遠い状況にあった.2010年までに耐震補強された護岸を土台とし,その上部に広場と片持ち梁の雛壇状の遊歩道を設置. 掲載号はアプリで購入できます! 書籍購入はこちら
2017年5月号090頁──津田塾大学千駄ヶ谷キャンパス アリス・メイベル・ベーコン記念館──槇総合計画事務所

2017年5月号090頁──津田塾大学千駄ヶ谷キャンパス アリス・メイベル・ベーコン記念館──槇総合計画事務所

東京都渋谷区──千駄ヶ谷に新たに整備されたキャンパスは,津田塾大学が創設した総合政策学部の拠点となる.沿道には東京体育館,津田ホールと高さが抑えられた街並が維持されており,同キャンパス計画においても中低層に抑えた計画としている. 掲載号はアプリで購入できます! 書籍購入はこちら
2017年5月号078頁──東京電機大学 東京千住キャンパス 第2期計画5号館(110周年記念事業)──槇総合計画事務所(統括・意匠) 日建設計(構造・設備)

2017年5月号078頁──東京電機大学 東京千住キャンパス 第2期計画5号館(110周年記念事業)──槇総合計画事務所(統括・意匠) 日建設計(構造・設備)

東京都足立区──東京電機大学は創立100周年を記念して2012年に北千住駅東口前にキャンパス(1〜4号館)を開設(本誌1207).5号館はその第2期計画.公共空間アゴラ,2階レベルでの連続,白い外装の第1期のコンセプトが踏襲され,展開されている. 掲載号はアプリで購入できます! 書籍購入はこちら
2017年5月号062頁──太田市美術館・図書館──平田晃久建築設計事務所

2017年5月号062頁──太田市美術館・図書館──平田晃久建築設計事務所

群馬県太田市──群馬県太田駅前に整備された太田市美術館・図書館.北口駅前広場の移転にともない更地となった跡地に計画された.5つのボックスにデッキプレートが張り出しスロープや階段が内外で回遊する.屋上広場は開館時には誰でも上がることができる. 掲載号はアプリで購入できます! 書籍購入はこちら