Share
『新建築』2018年6月号184頁から掲載されている「墨田みどり保育園分園」石原健也+デネフェス計画研究所

東京都墨田区──墨田区の高架線沿いで64年続く保育園の分園園舎の計画.1階エントランスから2階まで建物内の外周を囲むように連続するスロープには,子どもたちが走り回る姿が映る.外部と園舎内を繋ぐバッファゾーンとして機能することが意図された.鉄骨の梁やデッキスラブの庇を現しとし,工場建物が多い周辺環境に合わせた外観としている.

Share