2018年5月号080頁──チャンギ空港 第4ターミナルビル──竹中工務店 Benoy SAA Architects

2018年5月号080頁──チャンギ空港 第4ターミナルビル──竹中工務店 Benoy SAA Architects

シンガポール,チャンギ──アジア圏有数の航空ハブとして,世界空港ランキング(スカイトラックス社)6年連続1位のシンガポール・チャンギ空港の第4ターミナル.施設の高度なデジタル化が図られ,荷物の預け入れ,出国ゲートなどが無人化・省人化されている.トランジットエリアは,航空便の乗り換えに伴う空港の一時的な滞在者のための商業空間として機能し,多くの飲食・商業店舗が入居するショッピングモールのようになっている. 掲載号はアプリで購入できます! 書籍購入はこちら
2018年1月号204頁──スカイライン@オーチャード ブールバード──槇総合計画事務所

2018年1月号204頁──スカイライン@オーチャード ブールバード──槇総合計画事務所

シンガポール,オーチャード──シンガポール随一の目抜き通りであるオーチャード ロードのほど近くに建つ,レジデンシャル・タワー.住居部分を地上から約20m持ち上げることで,低層階の住居にも眺望を確保し,1階レベルでは緑豊かなランドスケープを生み出している. 掲載号はアプリで購入できます! 書籍購入はこちら
2011年2月号062頁──BELLE VUE RESIDENCES──伊東豊雄建築設計事務所

2011年2月号062頁──BELLE VUE RESIDENCES──伊東豊雄建築設計事務所

シンガポール,オクスリー・ウォーク──シンガポール中心部に建つ176戸のコンドミニアム.特別景観地区に指定されているため5層までの高さ制限の中で,既存樹木を残しつつ,23,000m2の敷地に176戸を配置する高密度な配置計画.枝分かれする樹木のような平面形によって住戸同士の角度や距離を調整し,多様性を生み出している.鉄筋コンクリート造,地下1階,地上5階建て.

2016年1月号168頁──CapitaGreen──伊東豊雄建築設計事務所 竹中工務店 RSP Architects Planners & Engineers

138 Market Street, Singapore──シンガポールのビジネス中心地区「ラッフルズプレイス」に位置する地上40階建てのオフィスビル。各フロアに緑化スペースを設け、ビルの外観の55%が植物で覆われる。都市環境において自然との繋がりを再生し、熱帯気候に対応したエコロジカルな建築のあり方を提案する。 掲載号はアプリで購入できます! 書籍購入はこちら

2016年6月号054頁──シンガポール・レールコリドー・マスタープラン──日建設計

シンガポール、マレー鉄道廃線跡地──2011 年に廃線となりマレーシア政府からシンガポール政府に返還された2国間を結んでいた鉄道「レールコリドー」の線路跡をパブリックスペースとして整備するプロジェクト.これまで分断されていた東西に位置するコミュニティを繋ぎ,シンガポール独自の生態系や自然環境を活かしながら,地元市民に愛されるパブリックスペースの実現を目指している. 掲載号はアプリで購入できます! 書籍購入はこちら
2017年1月号060頁──メディアコープ キャンパス──槇総合計画事務所

2017年1月号060頁──メディアコープ キャンパス──槇総合計画事務所

シンガポール、ワン・ノース──シンガポール国営放送局の新社屋で,建物は横長な3角形の敷地に沿って建てられ,外装にはビーズブラスト仕上げのステンレスを用いている.敷地のあるワン・ノース地域は,ザハ・ハディドがマスタープランを手掛けており,周辺には,シンガポール国立大学やバイオメディカル,ICT関連施設が集まる. 掲載号はアプリで購入できます! 書籍購入はこちら