2009年9月号080頁──サーペンタイン・ギャラリー・パビリオン2009──妹島和世+西沢立衛/SANAA

イギリス・ロンドン──夏の4カ月間のみ設置される仮設のパビリオンである.構造用合板をコアに裏表それぞれ3mmの鏡面研磨仕上げのアルミ板を接着した屋根が,既存の木々を避けながら空中に浮かび,細い柱に支えられる.壁やファサードがなく周囲に開かれ,人々が自由に出入りできる公園のようなパビリオン.
2009年10月号173頁──水都大阪 水辺の文化座 BAMBOO FOREST & HUTS WITH WATER──芦澤竜一建築設計事務所+滋賀県立大学陶器浩一研究室+tmsd萬田隆構造設計事務所

2009年10月号173頁──水都大阪 水辺の文化座 BAMBOO FOREST & HUTS WITH WATER──芦澤竜一建築設計事務所+滋賀県立大学陶器浩一研究室+tmsd萬田隆構造設計事務所

大阪府大阪市中央区──大阪の中之島に設置されたイベント会場.竹の架構で覆われた「BAMBOO FOREST」を中心に,6つの小屋「COLLINS HUT」と文化劇場「FOLDED-PLATE HUT」がある.「BAMBOO FOREST」は11のユニットと竹の格子屋根からなる.竹は琵琶湖沿岸の荒廃した竹林から切り出し,資源として利用した.
2010年12月号117頁──HongDaeプロジェクト──デザインアーキテクト 光井純アンドアソシエーツ建築設計事務所/設計・監理 ウンセンドンアーキテクツ

2010年12月号117頁──HongDaeプロジェクト──デザインアーキテクト 光井純アンドアソシエーツ建築設計事務所/設計・監理 ウンセンドンアーキテクツ

韓国ソウル市マポ区──韓国ソウル市に建つ,地上5階,地下4階の複合商業施設.店舗や多目的のイベントスペースが入る.外壁は,厚さ24mmの複層ガラスのカーテンウォールでサッシが現れないSSG工法による取り付けを採用.黄橙色のガラス部分はフリットパターン焼き付けによるもの.道路斜線と歩道からのセットバックにより複雑な多面体形状となっている.
2012年6月号163頁──FabCafe──成瀬・猪熊建築設計事務所

2012年6月号163頁──FabCafe──成瀬・猪熊建築設計事務所

東京都渋谷区──レーザーカッターなどの工作機械を備えた,カフェ,コワーキングスペース,デジタルファブリケーション工房を兼ね備えた施設.街区の先端にある建物形状を生かし,カウンターと客席をレーザーカッターを中心に扇形に配置した.プロジェクトの初期段階から企画・運営メンバーとの話し合い,運営を含めた設計を進めた.

2014年4月号112頁──MOZILLA FACTORY SPACE──NOSIGNER

東京都港区──オープンソースITコミュニティであるMozillaの日本オフィス.既成の工業用パレットを使ったOAフロアや単一コーナーモジュールによる家具など,短期間・低コストで実現可能な設計とした.設計図および製作図が無料でウェブからダウンロードできるようにし,デザインをオープンソース化することを試みた,オフィスの使い手も自らカスタマイズを加えることができるほか,新しくオフィスを構える人のサポートにもなる. 掲載号はアプリで購入できます! 書籍購入はこちら
2014年7月号068頁──松山 台北文創ビル──伊東豊雄建築設計事務所 大矩聯合建築師事務所

2014年7月号068頁──松山 台北文創ビル──伊東豊雄建築設計事務所 大矩聯合建築師事務所

台湾台北市──台北市の中心に位置する1930年代の日本統治時代に建設された松山煙草工場の跡地の再開発計画.庭園や中庭などの自然豊かな環境を残しつつ,敷地の一角にオフィス,ホテル,商業施設,コンサートホールなどからなる複合施設を建設した. 掲載号はアプリで購入できます! 書籍購入はこちら