2010年3月号125頁──ヨルダン南シューナ地区コミュニティセンター──渡辺菊眞+D環境造形システム研究所

ヨルダンハシュミット王国南シューナ地区──ヨルダン南シューナー地区に建設された貧困層のためのコミュニティセンター.ヨルダンの伝統建築工法である石造と,土嚢工法,鉄筋コンクリート造を混交して建設された.内部に5.5mスパンの石造アーチが2.5mピッチで連続する.土嚢工法でつくられたドームは地元住民によるセルフビルドでつくられた.
2011年7月号109頁──からきだ菖蒲館 唐木田コミュニティセンター・児童館・図書館──新居千秋都市建築設計

2011年7月号109頁──からきだ菖蒲館 唐木田コミュニティセンター・児童館・図書館──新居千秋都市建築設計

東京都多摩市──児童館,図書館を併設したコミュニティセンター.街の中に,丘の景観となり現れる.多摩市は当初,別の設計者と計画を進行させていたが,住民の合意を得られす停滞.修正案を募る住民公開のプロポーザルで選ばれ,建てられた.最高天井高が7,040mmのエントランス広場は図書館のブラウジングスペースや受付,2階空間と緩やかに繋がる.