2018年5月号124頁──hotel koe tokyo──谷尻誠・吉田愛/SUPPOSE DESIGN OFFICE

2018年5月号124頁──hotel koe tokyo──谷尻誠・吉田愛/SUPPOSE DESIGN OFFICE

東京都渋谷区──公園通りの交差点に面して建つ新築商業ビルの1〜3階に入居する,アパレルブランドのホテル併設型旗艦店.1階をカフェ・レストランおよびホテルのレセプションとポップアップスペース,2階を売り場,3階をホテルとし,複合的な機能を持たせると共に,1階と2階を大階段で繋いだ. 掲載号はアプリで購入できます! 書籍購入はこちら
2018年1月号178頁──中之島フェスティバルタワー・ウエスト──日建設計

2018年1月号178頁──中之島フェスティバルタワー・ウエスト──日建設計

大阪府大阪市北区──大阪の中之島に「中之島フェスティバル・タワー」(本誌1301)に引き続き竣工した,多目的ホール(284席),美術館(2018年開館予定),オフィス,ホテルが入る複合高層ビル.地下3階部分でふたつの駅に直結し,地上部分の賑わいをふたつのタワーでつくり出す試みが行われている.そのため,それぞれのタワーの地上部は16mの高さに揃えたピロティが設けられた. 掲載号はアプリで購入できます! 書籍購入はこちら
2018年1月号170頁──グローバルゲート──竹中工務店

2018年1月号170頁──グローバルゲート──竹中工務店

愛知県名古屋市中村区──名古屋駅から南約1kmに位置する再開発地区「ささしま24」に建つ地上36階の高層タワーと17階のダイワハウス名古屋ビル,それらの間の低層の商業棟からなる複合施設.かつては運河からの物流拠点であった同地区を新たな国際歓迎・交流拠点として整備するその中核を担う施設として計画され,周囲には,テレビ局,大学,映画館,コンサートホールなどが建つ.高層棟の上部にはホテルが,低層部には国際会議に対応できるコンベンションホールが入る. 掲載号はアプリで購入できます! 書籍購入はこちら
2018年1月号160頁──JRゲートタワー──大成建設一級建築士事務所(統括・実施設計) 日建設計(実施設計) ジェイアール東海コンサルタンツ(実施設計) Kohn Pedersen Fox Associates PC(デザインアーキテクト)

2018年1月号160頁──JRゲートタワー──大成建設一級建築士事務所(統括・実施設計) 日建設計(実施設計) ジェイアール東海コンサルタンツ(実施設計) Kohn Pedersen Fox Associates PC(デザインアーキテクト)

愛知県名古屋市中村区──1日100万人以上の乗降客が行き交う中部・東海地方最大の駅拠点,JR名古屋駅と直結した開発.左隣に建つJRセントラルタワーズ(本誌0004)との一体運用を計画し,2階の歩行者通路や15階スカイストリートなど,建物同士の横の移動をつくり出している.将来的に,地下につくられるリニア中央新幹線駅の利用を見据えて,中層階にホテル,高層階にオフィスを配置し,ビジネス拠点としての利便性を高めた場所づくりが意識された. 掲載号はアプリで購入できます! 書籍購入はこちら
2017年6月号174頁──フォーシーズンズホテル京都──久米設計

2017年6月号174頁──フォーシーズンズホテル京都──久米設計

京都府京都市東山区──2016年10月、京都東山にオープンした外資系のホテル。敷地は800年以上の歴史を持つ日本庭園(積翠園)があり、清水寺や三十三間堂なども近接する東山の風致地区。庭園を活かし、各部屋から庭園が臨める客室が全180室。そのうち57室はホテルレジデンスとなっている。 建築専門誌『新建築』さん(@shinkenchikusha)がシェアした投稿 – 2017 7月 5 1:12午前 PDT 建築専門誌『新建築』さん(@shinkenchikusha)がシェアした投稿 – 2017 7月 5 5:28午前 PDT 建築専門誌『新建築』さん(@shinkenchikusha)がシェアした投稿 – 2017 7月 5 5:12午後 PDT 掲載号はアプリで購入できます! 書籍購入はこちら
2017年5月号156頁──SHIBAMATA FU-TEN──馬場正尊+平岩祐季/Open A 塚越智之+宮下淳平/塚越宮下設計

2017年5月号156頁──SHIBAMATA FU-TEN──馬場正尊+平岩祐季/Open A 塚越智之+宮下淳平/塚越宮下設計

東京都葛飾区──12年間使われていなかった葛飾区の職員寮を改修した宿泊施設.地方自治体が運営業者や建築家と手を組み,使われていない公共空間の活用手法を総務省に共同提出し,企画や設計費用のサポートを受けることができる「公共施設オープンリノベーションマッチングコンペティション」という枠組みの中で採択された. 掲載号はアプリで購入できます! 書籍購入はこちら
2017年5月号142頁──オガールプロジェクト

2017年5月号142頁──オガールプロジェクト

岩手県紫波郡紫波町──オガールプロジェクトは盛岡から南へ約20kmの場所にある紫波町に計画された公民連携による事業.10年以上放置された町有地を活用し,第三セクターであるオガール紫波が中心となってオガールプラザ(本誌1209)、オガールベース(本誌掲載)、オガールセンター・オガール保育園(本誌掲載)、紫波町役場のほか分譲住宅街であるオガールタウン(本誌掲載)やサッカーグラウンドなどを整備した. 掲載号はアプリで購入できます! 書籍購入はこちら
2009年1月号060頁──上海環球金融中心──設計・監修 森ビル/デザインアーキテクト Kohn Pedersen Fox and Associates PC/建築設計 入江三宅設計事務所

2009年1月号060頁──上海環球金融中心──設計・監修 森ビル/デザインアーキテクト Kohn Pedersen Fox and Associates PC/建築設計 入江三宅設計事務所

中国上海市──中国・上海の陸家嘴金融貿易中心区に,「バーティカル・ガーデンシティ」をコンセプトに建てられた地上101階,高さ492mの高層ビル.オフィス,ホテル(パークハイアット),商業施設,会議やイベントなどに使われるフォーラム,メディアセンター,世界で最も高い場所にある展望施設(100階)などからなる.

2009年3月号109頁──三里屯VILLAGE──マスタープラン 隈研吾建築都市設計事務所

中華人民共和国北京市──中国・北京市内の三里屯地区につくられた「三里屯VILLAGE」.南北ふたつの街区に分かれ,商業施設,オフィス,ホテルなどを含む.建物の高さは一部24mのものを除いて18mに抑えられ,北区は「四合院」型,南区は「胡堂」型の配置となっている.ふたつの街区のマスタープランを隈研吾都市建築設計事務所が担当し,各棟を隈研吾都市建築設計事務所,北京松原弘典建築設計公司,LOT-EK,SHoP/Sharples Holden Pasquarelli,SAKO建築設計工社が担当した.
2009年10月号080頁──東京駅丸の内駅舎保存・復原──東日本旅客鉄道 東京工事事務所・東京電気システム開発工事事務所 東京駅丸の内駅舎保存・復原設計共同企業体

2009年10月号080頁──東京駅丸の内駅舎保存・復原──東日本旅客鉄道 東京工事事務所・東京電気システム開発工事事務所 東京駅丸の内駅舎保存・復原設計共同企業体

東京都千代田区──現在は2階建ての駅舎であるが,1914年に辰野金吾の設計で創建された当時は,3階建てでドームも現在とは異なる形状であった.2007年4月から進められている保存・復原工事によって,この創建当時の姿が蘇ると共に,地下躯体の新設,駅,ホテル,ギャラリーなどの機能強化が行われる.また,特例容積率適用区域の適用により,東京駅の余剰容積は周辺の各ビルに移転されている.
2010年1月号118頁──星のや 京都──設計 東 環境・建築研究所/東利恵/ランドスケープ オンサイト計画設計事務所

2010年1月号118頁──星のや 京都──設計 東 環境・建築研究所/東利恵/ランドスケープ オンサイト計画設計事務所

京都府京都市西京区──京都嵐山,渡月橋にほど近い保津川沿岸にあるリゾートホテル.およそ100年前から使われてきた木造の旅館を改築したもの.敷地中央には路地が通り「池の庭」と「奥の庭」がある.建物は既存木軸をそのまま生かし,古い木部には洗いをかけて再生している.また既存アルミサッシはすべて木製サッシに取り替えられた.
2010年3月号129頁──ベイサイドマリーナホテル横浜──吉村靖孝建築設計事務所

2010年3月号129頁──ベイサイドマリーナホテル横浜──吉村靖孝建築設計事務所

神奈川県横浜市金沢区──根岸湾に面した敷地に,フラットタイプとメゾネットタイプの合計31棟の客室棟を分棟配置したリゾート型ホテル.客室棟はコンテナモジュール(長さ40フィート,高さ8フィート6インチ)でユニット化してつくられた.ユニットは海外の工場で内外装も含めて製造し,海上輸送され現場で設置されている.
2010年4月号078頁──バルセロナ見本市グランビア会場拡張計画+トーレス・ポルタ・フィラ──伊東豊雄建築設計事務所

2010年4月号078頁──バルセロナ見本市グランビア会場拡張計画+トーレス・ポルタ・フィラ──伊東豊雄建築設計事務所

スペイン・バルセロナ市,オスピタレット市──バルセロナ見本市グランヴィア会場の拡張と,見本市に隣接するホテルとオフィス,2棟の高層タワーの新設.グランヴィア会場では既存の4棟のパビリオンが稼働しており.拡張計画の第一期としてエントランスホール,パビリオン1,8,パビリオン同士を繋ぐセントラルアクシスおよび外構が新設された.
2010年11月号115頁──東急キャピトルタワー──東急設計コンサルタント・観光企画設計社 設計共同企業体/デザイン監修 隈研吾建築都市設計事務所

2010年11月号115頁──東急キャピトルタワー──東急設計コンサルタント・観光企画設計社 設計共同企業体/デザイン監修 隈研吾建築都市設計事務所

東京都千代田区──1963年に開業した「キャピトル東急ホテル」の建て替え.1993年に都市計画決定した「永田町二丁目地区地区計画」の一環.9mを基準スパンとするオフィス棟の上に,6mを基準スパンとするホテル棟が重ねられている.内装の一部と外装を隈研吾建築都市設計事務所がデザイン監修した.アルミカーテンウォールに花崗岩を乾式で取り付けている.
2010年11月号123頁──まちの駅 「ゆすはら」──隈研吾建築都市設計事務所

2010年11月号123頁──まちの駅 「ゆすはら」──隈研吾建築都市設計事務所

高知県高岡郡梼原町──国認定の13の環境モデル都市のひとつである梼原町につくられた,宿泊施設を兼ね備えたまちの駅.外装材には調湿や断熱性能が優れた茅を用いている.2,000×980mmの茅ユニットを重ねたもの.茅ユニットは回転軸まわりに回転させることで室内に外気を採り入れることができる.
2011年7月号126頁──大阪ステーションシティ──西日本旅客鉄道 ジェイアール西日本コンサルタンツ 安井建築設計事務所

2011年7月号126頁──大阪ステーションシティ──西日本旅客鉄道 ジェイアール西日本コンサルタンツ 安井建築設計事務所

大阪府大阪市中央区──混雑緩和のための歩行動線の整備やバリアフリー化を目指すJR大阪駅の改修に伴い,南北を一体に整備.北口にノースビルディングを新築,南口の既存高層ビルを一部増築して改修し,その間を180×100mの大屋根で覆った.大屋根の両端には免震機構が設置されている.
2011年7月号036頁──深圳湾体育センター──佐藤総合計画+北京市建築設計研究院

2011年7月号036頁──深圳湾体育センター──佐藤総合計画+北京市建築設計研究院

中華人民共和国深圳市南山区──中華人民共和国広東省に位置する深圳市に建つ体育センター.深圳湾に面する30万m2の敷地にスタジアム,主要施設(スタジアム,アリーナ,プール)と一体となった,全長530mのエキスパンションジョイントのない,鉄骨格子シェルの大架構屋根が架かる.2011年夏季ユニバーシアード大会(2011年8月開催)の会場となる.
2012年1月号066頁──証大ヒマラヤセンター──磯崎新アトリエ

2012年1月号066頁──証大ヒマラヤセンター──磯崎新アトリエ

中国,上海市──上海の開発が進む浦東地区に建設された,ホテル,商業施設,美術館を中心とした複合施設.北側に地下3階,地上18階建てのホテル棟,南側に地下3階,地上8階建ての芸術家創作棟を配し,有機的な鉄筋コンクリート壁面に覆われた異形体棟が繋ぐ.述床面積は150,000m2におよぶ.
2012年7月号061頁──パレスホテル東京 パレスビル──三菱地所設計

2012年7月号061頁──パレスホテル東京 パレスビル──三菱地所設計

東京都千代田区──1961年に開業したパレスホテル(本誌6111)の建て替え.右手が290室の客室を備えたパレスホテル.ホテル棟の西面は,皇居との直接の正対を避けるため,斜めに雁行させている.左手に商業施設とオフィスを備えたパレスビル.地下4階,地上23階建て.鉄骨造.特例容積率適用地区制度を使い,未利用容積を丸の内永楽ビルディングに移転している.
2012年9月号101頁──星のや 竹富島──東 環境・建築研究所/東利恵/ランドスケープ オンサイト計画設計事務所

2012年9月号101頁──星のや 竹富島──東 環境・建築研究所/東利恵/ランドスケープ オンサイト計画設計事務所

沖縄県八重山郡──沖縄県八重山郡竹富島にあるリゾートホテル.竹富島は,石垣島に隣接した人口約350人の島.集落は重要伝統的建造物群保存地区に指定されている.客室の回りをグックと呼ばれる島の伝統集落に見られる石積みで構成した.石はこの敷地で採掘された琉球石灰岩.モルタルなどは使用せず石だけで積まれる.
2012年11月号036頁──東京駅丸の内駅舎保存・復原──プロジェクト統括 東日本旅客鉄道/設計 ジェイアール東日本建築設計事務所 ジェイアール東日本コンサルタンツ

2012年11月号036頁──東京駅丸の内駅舎保存・復原──プロジェクト統括 東日本旅客鉄道/設計 ジェイアール東日本建築設計事務所 ジェイアール東日本コンサルタンツ

東京都千代田区──1914(大正3)年に創建された東京駅丸の内駅舎.戦災で一部焼失し復興工事によって改変された駅舎をできるだけ創建時の状態に復原して保存し,建物全体を免震化する計画.2階建てから3階建てとなり,駅舎の南北ドームに架かる屋根は,創建時の姿(ドーム形状)に戻されている.

2013年1月号082頁──柏の葉スマートシティ

千葉県柏市──千葉県柏市の柏の葉キャンパス駅周辺の公民学が連携したまちづくり.多くの企業が参画し,エネルギー,高齢化問題などの課題を解決するための協同でスマートシティをつくっている.新産業創造都市として企業の育成なども行っている. 掲載号はアプリで購入できます!
2013年2月号098頁──Hotel & Residence Roppongi──企画 シマダアセットパートナーズ/設計 伊藤博之建築設計事務所+OFDA

2013年2月号098頁──Hotel & Residence Roppongi──企画 シマダアセットパートナーズ/設計 伊藤博之建築設計事務所+OFDA

東京都港区──東京都港区の約30年前に建てられたホテルとレジデンスの改修.既存の躯体は変更せずに,仕上げる範囲の切り替えによって,複合用途の建築の再編を行った.1階がロビーやレストラン,2階〜6階がホテル,7階〜14階までレジデンス. 掲載号はアプリで購入できます!
2013年6月号042頁──グランフロント大阪──全体統括 日建設計+三菱地所設計+NTTファシリティーズ

2013年6月号042頁──グランフロント大阪──全体統括 日建設計+三菱地所設計+NTTファシリティーズ

大阪府大阪市北区──大阪駅北地区貨物ヤード開発24haのうちの,第1期分7haの開発.138年間にわたり大阪の物流を支え続けた場所に建つオフィス,商業,ホテル,レジデンスなどが入る複合施設.JR大阪駅ノースゲートビルディングと直結する.御堂筋に敬意を表したイチョウ並木道の奥に,地上45mに高さを揃えた低層棟を配置.その上に4つのタワーを「起承転結」のリズムで計画した. 掲載号はアプリで購入できます! 書籍購入はこちら
2017年3月号174頁──ホテルニューグランド本館 耐震改修工事──清水建設

2017年3月号174頁──ホテルニューグランド本館 耐震改修工事──清水建設

神奈川県横浜市中区──1927(昭和2)年に外国人向けに横浜ではじめて建てられたホテル(設計:渡辺仁)の改修.できるだけ建設当時の姿を残すことを目的とした改修が行われていた.本館屋上のサインは2014年改修工事(1期)に復活.2期工事となる今回は,ロビーやホール空間を中心に耐震化と補強修復をしている. 掲載号はアプリで購入できます! 書籍購入はこちら
2014年1月号150頁──セトレマリーナびわ湖──芦澤竜一建築設計事務所

2014年1月号150頁──セトレマリーナびわ湖──芦澤竜一建築設計事務所

滋賀県守山市──滋賀県守山市にある,ホテル,バンケット,チャペルからなる複合施設.琵琶湖のエコトーン(湖から陸地にわたる生態遷移)を再生させるために,前面に内湖(ビオトープ),後ろに里山育成林をつくりその間に建築を配置している.チャペルとなる,風の音棟は,琵琶湖からの風を取り込み,壁とそれに繋がれた弦を共鳴させ音を出し,建築そのものがエオリアンハーブとなっている. 掲載号はアプリで購入できます! 書籍購入はこちら
2014年4月号052頁──あべのハルカス──設計 竹中工務店/外装デザイン 竹中工務店+ペリ クラーク ペリ アーキテクツ

2014年4月号052頁──あべのハルカス──設計 竹中工務店/外装デザイン 竹中工務店+ペリ クラーク ペリ アーキテクツ

大阪府大阪市阿倍野区──近畿日本鉄道の発着駅である大阪阿部野橋駅の直上に計画された地上60階,高さ300mの日本一高い超高層ビル.駅,百貨店,ミュージアム,オフィス,ホテル,展望台などが入る複合施設.タワー部分は,既存近鉄百貨店部分の増築として,都市再生特区制度を活用し基準容積率800%から1,600%にして実現した.「キタ(梅田)」,「ミナミ(難波)」に次ぐ大阪の第3の拠点づくりを目指す. 掲載号はアプリで購入できます! 書籍購入はこちら
2014年5月号142頁──ONOMICHI U2──谷尻誠・吉田愛/SUPPOSE DESIGN OFFICE

2014年5月号142頁──ONOMICHI U2──谷尻誠・吉田愛/SUPPOSE DESIGN OFFICE

広島県尾道市──尾道水道に隣接する戦時中に建てられた海運倉庫「県営上屋(うわや)2号」を,サイクリストのためのホテルを中心とした複合施設へとコンバージョンするプロジェクト.県による事業プロポーザルの結果,SUPPOSE DESIGN OFFICE(設計)とディスカバーリンクせとうち(企画運営)のチームが選ばれた.地元の食材や生産品を取り入れたショップやカフェなどが約5mスパンの柱の間に軽量鉄骨で設えられる. 掲載号はアプリで購入できます! 書籍購入はこちら
2014年5月号062頁──ザ・リッツ・カールトン京都──日建設計

2014年5月号062頁──ザ・リッツ・カールトン京都──日建設計

京都府京都市中京区──マリオット・インターナショナルの日本で4つ目のホテル.2007年に京都市が施行した新景観条例により高さの制限が設けられた敷地に建つ.2011年に閉館したホテルフジタ京都(1969年竣工 設計:吉村順三)を取り壊し建設した.南北方向約122m,軒高は15m.高さ条件の厳しいなか地上部に客室数を134室,地下部にホテルの共用部を配置した. 掲載号はアプリで購入できます! 書籍購入はこちら
2014年7月号130頁──大手町タワー──設計 大成建設一級建築士事務所/外装デザイン コーン・ペダーセン・フォックス

2014年7月号130頁──大手町タワー──設計 大成建設一級建築士事務所/外装デザイン コーン・ペダーセン・フォックス

東京都千代田区──地下鉄5路線の大手町駅に囲まれて建つ,地下6階,地上38階,高さ約200m,延べ約20万㎡の超高層複合ビル.オフィスやホテル,商業施設が入る.地域の賑わい軸「仲通り」機能の延伸上に自然の森として,敷地全体の3分の1に相当する約3,600㎡の緑地(大手町の森)を整備.建て替えに際して東西線と丸ノ内線の連絡地下通路の整備も行っている. 掲載号はアプリで購入できます! 書籍購入はこちら
2014年7月号118頁──虎ノ門ヒルズ 環状第二号線新橋・虎ノ門地区第二種市街地再開発事業Ⅲ街区──日本設計

2014年7月号118頁──虎ノ門ヒルズ 環状第二号線新橋・虎ノ門地区第二種市街地再開発事業Ⅲ街区──日本設計

東京都港区──環状第2号線道路と建物が一体に開発された,「立体道路制度」が使われたはじめての建物.建物の地下に道路が貫通することによって,街を分断することなく街づくりが可能となっている.建物は地上247m,オフィス,カンファレンス,店舗,住戸,ホテルといった機能が入る高層複合ビルである.道路の上に持ち上げられた地盤面には,人びとが集えるオーバル広場が設置され,周辺の街からのアクセスを受け止めていく.国際新都心構想の起爆剤として,今後も周辺開発が行われていく予定である. 掲載号はアプリで購入できます! 書籍購入はこちら
2014年7月号068頁──松山 台北文創ビル──伊東豊雄建築設計事務所 大矩聯合建築師事務所

2014年7月号068頁──松山 台北文創ビル──伊東豊雄建築設計事務所 大矩聯合建築師事務所

台湾台北市──台北市の中心に位置する1930年代の日本統治時代に建設された松山煙草工場の跡地の再開発計画.庭園や中庭などの自然豊かな環境を残しつつ,敷地の一角にオフィス,ホテル,商業施設,コンサートホールなどからなる複合施設を建設した. 掲載号はアプリで購入できます! 書籍購入はこちら

2015年1月号200頁──深海未来都市構想 OCEAN SPIRAL──清水建設

深海に都市をつくる,シミズ・ドリーム第3弾となるプロジェクト.敷地は,水深200m以下の深海域において,広大な平坦地が広がる水深3,000~4,000mの深海平原などの海底を想定.食糧,エネルギー,水,CO2,資源という人類社会の持続性における課題に,陸上にはない海洋温度差,水圧差,深層水栄養分,深海バクテリア力,海底マグマ力などのさまざまなポテンシャルを持って対応する.   掲載号はアプリで購入できます! 書籍購入はこちら
2015年3月号184頁──大手町タワー アマン東京──大成建設一級建築士事務所

2015年3月号184頁──大手町タワー アマン東京──大成建設一級建築士事務所

東京都千代田区──世界で19カ国で事業を展開するアマンの日本第1号となるホテル.大手町タワー(本誌1407)の33〜38階に位置し,「自然と寄り添う」というアマンの哲学に基づき,木や石など自然素材を多用.行灯を模した照明,石庭などが配置.吹き抜け部のランタンは和紙を貼ったガラススクリーンを使用するなど,インテリアデザイン担当のケリー・ヒルが,日本のデザイン文化や伝統美からインスピレーションを受けてのデザインが施されている. 掲載号はアプリで購入できます! 書籍購入はこちら
2015年3月号170頁──箱根ハイランドホテル新館 森のレジデンス──岡部憲明アーキテクチャーネットワーク 大和小田急建設一級建築士事務所

2015年3月号170頁──箱根ハイランドホテル新館 森のレジデンス──岡部憲明アーキテクチャーネットワーク 大和小田急建設一級建築士事務所

神奈川県足柄下郡箱根町──團琢磨氏の建てた別荘を活かして1925年に開業した箱根ハイランドホテル(1977年に現在の本館へと建て替え)のコテージの建て替え(新館)と本館から新館へのアプローチの新設.バルコニーに露天風呂が付いた露天風呂付きツイン棟と,犬同伴で宿泊可能なドッグフレンドリー棟の2棟からなり,それぞれ2室ごとにずらして配置することで,プライバシーを確保している. 掲載号はアプリで購入できます! 書籍購入はこちら

2015年3月号156頁──裏磐梯高原ホテル──竹中工務店

福島県耶麻郡北塩原村──裏磐梯五色沼湖沼群のひとつである弥六沼に面して建つ裏磐梯を代表するリゾートホテルの改修計画.1983年に建て替えられ,切妻屋根とウッドシングル葺きの佇まいが周辺の自然に溶け込み景観に調和した建築として,磐梯朝日国立公園内のモデルとなっていた.築30年が経過し社会的ニーズの変化に伴いプログラムを再編,2010年よりⅢ期に分けて改修工事を進めた.2013年にはBELCA賞を受賞した. 掲載号はアプリで購入できます! 書籍購入はこちら
2015年5月号078頁──新宿東宝ビル──竹中工務店

2015年5月号078頁──新宿東宝ビル──竹中工務店

東京都新宿区──歌舞伎町のシンボルであったコマ劇場跡地に建つ,新宿東口エリアで初となる高さ100m超の高層建築.都内最大級のシネマコンプレックスと1,000室規模のホテルを有する.街の再編計画に伴い,本ビルと靖国通りを結ぶセントラルロードは,並木が植え替えられ,ビル壁面のLED照明とセントラルロードのゲートが連動して点灯する. 掲載号はアプリで購入できます! 書籍購入はこちら
2015年9月号136頁──二子玉川ライズ Ⅱ-a街区──設計 日建設計/アール・アイ・エー/東急設計コンサルタント設計共同企業体/デザイン監修 コンラン&パートナーズ

2015年9月号136頁──二子玉川ライズ Ⅱ-a街区──設計 日建設計/アール・アイ・エー/東急設計コンサルタント設計共同企業体/デザイン監修 コンラン&パートナーズ

東京都世田谷区──2010年に完成した二子玉川ライズ(本誌1106)のⅠ街区(商業施設),Ⅲ街区(集合住宅)の間に,店舗,シネマコンプレックス等を有する低層棟と,オフィス,ホテルが入る高層棟からなるⅡ-a街区が竣工した.都市から自然へをコンセプトに,屋上に公園や菜園を設けて周辺の緑地と連続させている. 掲載号はアプリで購入できます! 書籍購入はこちら
2015年10月号088頁──変なホテル──基本設計 川添善行+原裕介+大川周平+東京大学生産技術研究所 川添研究室/実施設計 日大設計

2015年10月号088頁──変なホテル──基本設計 川添善行+原裕介+大川周平+東京大学生産技術研究所 川添研究室/実施設計 日大設計

長崎県佐世保市──ハウステンボス敷地内に新しくオープンしたローコストホテル(LCH).住宅モジュールの採用や敷地の傾斜に合わせたボリュームの配置,輻射パネルの導入により建設費,光熱費を削減.さらにロボットが受付や荷物運搬などの接客を行うことで人件費を抑えるなど,ホテルの生産性を追求する. 建築専門誌『新建築』さん(@shinkenchikusha)がシェアした投稿 – 2017 7月 22 12:38午前 PDT 建築専門誌『新建築』さん(@shinkenchikusha)がシェアした投稿 – 2017 8月 1 1:59午前 PDT 掲載号はアプリで購入できます! 書籍購入はこちら
2015年12月号130頁──星のや 富士──設計 東 環境・建築研究所/東利恵/ランドスケープ オンサイト計画設計事務所

2015年12月号130頁──星のや 富士──設計 東 環境・建築研究所/東利恵/ランドスケープ オンサイト計画設計事務所

山梨県南都留郡富士河口湖町──山梨県の河口湖の湖畔に建つ星野リゾートが運営する宿泊施設.40室のキャビンが並ぶキャビンエリアと林の中に設けられたクラウドテラスのふたつのエリアで構成されている.キャビンはすべて富士山の中心の方を向くように計画されている. 掲載号はアプリで購入できます! 書籍購入はこちら
2015年12月号052頁──小淵沢アートヴィレッジ/中村キース・へリング美術館増改築,HOTEL KEYFOREST HOKUTO,VILLA KEYFOREST──北川原温建築都市研究所

2015年12月号052頁──小淵沢アートヴィレッジ/中村キース・へリング美術館増改築,HOTEL KEYFOREST HOKUTO,VILLA KEYFOREST──北川原温建築都市研究所

山梨県北杜市小淵沢町──2007年に竣工した「KEYFOREST871228 キース・へリング美術館」(本誌0707)の増改築,同敷地内でのホテル棟「HOTEL KEYFOREST HOKUTO」,研修棟「VILLA KEYFOREST」の新築計画.美術館の増改築では新たに展示室棟と収蔵庫棟を計画.また,カフェスペースの追加,ミュージアムコートの拡張,既存棟大屋根の塗り替えなどが行われた. 掲載号はアプリで購入できます! 書籍購入はこちら
2016年2月号152頁──鉃鋼ビルディング──三菱地所設計

2016年2月号152頁──鉃鋼ビルディング──三菱地所設計

東京都千代田区──東京駅八重洲口に近接する,第一鉃鋼ビル(1951年)と第二鉃鋼ビル(1954年)2棟の一体的な建て替え.都市再生特別地区に指定されたことを受け,オフィスビルに加えて,ビジネスサポート機能として空港に直結するリムジンバスの発着場やラウンジ,中長期滞在型のサービスアパートメントなどが併設されている. 掲載号はアプリで購入できます! 書籍購入はこちら
2016年4月号056頁──INTILAQ東北イノベーションセンター──阿部仁史アトリエ

2016年4月号056頁──INTILAQ東北イノベーションセンター──阿部仁史アトリエ

宮城県仙台市若林区──東日本大震災の復興支援としてカタール国からの義援金により仙台卸町に建設された,東北における起業家育成・支援のための研修施設.人を集めてのイベントやセミナーのための吹き抜けのイベントスペースを囲むように,小規模の諸室が配置されている. 掲載号はアプリで購入できます! 書籍購入はこちら
2016年7月号106頁──変なホテル・ウエストアーム──KAJIMA DESIGN

2016年7月号106頁──変なホテル・ウエストアーム──KAJIMA DESIGN

長崎県佐世保市──変なホテルの2期となるウエストアーム,宿泊用途として国内初となるCLT構造を採用し,敷地の勾配に合わせた分棟型配置で客室72室を計画.一次エネルギー削減のため自立型水素エネルギー供給システムを導入しており,一部客室(12室)の必要電力を供給する. 掲載号はアプリで購入できます! 書籍購入はこちら
2016年10月号050頁──東京ガーデンテラス紀尾井町──日建設計

2016年10月号050頁──東京ガーデンテラス紀尾井町──日建設計

東京都千代田区──東京都千代田区紀尾井町の旧グランドプリンスホテル赤坂跡地に建つ,高さ約180mのオフィス・ホテル棟と,約90mの住宅棟,ホテル旧館として使用していた旧李王家東京邸の保存・復原の計画.オフィス・ホテル棟の低層部には商業施設が入る.地下には駐車場,エアポートリムジンバスの乗降場などが入り,地下鉄永田町駅とも接続する. 建築専門誌『新建築』さん(@shinkenchikusha)がシェアした投稿 – 2017 8月 13 1:29午前 PDT 建築専門誌『新建築』さん(@shinkenchikusha)がシェアした投稿 – 2017 8月 14 3:42午前 PDT 掲載号はアプリで購入できます! 書籍購入はこちら
2017年1月号208頁──星のや東京──三菱地所設計 NTTファシリティーズ 東環境・建築研究所/東利恵(旅館計画・内装設計・外装デザイン協力) オンサイト計画設計事務所(ランドスケープデザイン監修)

2017年1月号208頁──星のや東京──三菱地所設計 NTTファシリティーズ 東環境・建築研究所/東利恵(旅館計画・内装設計・外装デザイン協力) オンサイト計画設計事務所(ランドスケープデザイン監修)

東京都千代田区──大手町連鎖型都市再生プロジェクトの3次事業の一環として建てられた星のや初となる都市型ホテル.地下3階,地上18階建ての建物に84室の客室とレストランや大浴場が入る. 掲載号はアプリで購入できます! 書籍購入はこちら