2018年1月号128頁──佐賀県歯科医師会館──アトリエ・アンド・アイ 坂本一成研究室

2018年1月号128頁──佐賀県歯科医師会館──アトリエ・アンド・アイ 坂本一成研究室

佐賀県佐賀市──佐賀県歯科医師会の会館建て替えに際し,求められた面積を平屋建てのホール棟(手前)と5階建てのオフィス棟(奥)のふたつに分割することで,全体のボリュームを敷地周辺のスケールに対応させ抑えると共に,ホールを開かれたものとしている.オフィス棟はコンパクトな平面と庇を伴った水平連窓が外周をくるみ,透過性の高い空間となっている. 掲載号はアプリで購入できます! 書籍購入はこちら

1988年10月号──津田ホール──槇文彦+槇総合計画事務所

東京都渋谷区──財団法人津田塾会が設立40周年を記念して建設した学校施設。ホールを中心として会議研修室や津田塾大学の同窓会本部などの諸施設を含む。屋根の曲線がホールを内包していることを表現すると同時に象徴性を発揮することを意図している。
2009年5月号111頁──東北大学百周年記念会館 川内萩ホール──設計指導 阿部仁史+小野田泰明/設計 三菱地所設計+阿部仁史アトリエ

2009年5月号111頁──東北大学百周年記念会館 川内萩ホール──設計指導 阿部仁史+小野田泰明/設計 三菱地所設計+阿部仁史アトリエ

宮城県仙台市──東北大学の百周年を期に,既存の「東北大学記念講堂・松下会館」がリノベーションされた.「川内萩ホール」内,壁面を見る.仕上げは,ナラ練り付けケイ酸カルシウム不燃板.上下で赤を基調としたグラデーションがつけられている.
2009年6月号081頁──大手町一丁目地区第一種市街地再開発事業 日本経済新聞社 東京本社ビル──日建設計

2009年6月号081頁──大手町一丁目地区第一種市街地再開発事業 日本経済新聞社 東京本社ビル──日建設計

東京都千代田区──ペンをモチーフにしたフィンがガラスを支え,高い開放性を生み出している.内部は,リニア形状のコアで,大空間と個室とワークプレイス内を結ぶ階段・エレベータなどを設けている.構造はやじろべえの原理を使い,メインフレームと窓回りの細柱・キャンティレバー梁によって,コア部の最小化,ワークプレイスの最大化などを実現している.
2010年4月号138頁──ヤマハ銀座ビル──茅野秀真+白井大之+鈴木健悦/日建設計

2010年4月号138頁──ヤマハ銀座ビル──茅野秀真+白井大之+鈴木健悦/日建設計

東京都中央区──銀座中央通りに面する,ホールや店舗,音楽教室からなる複合施設.金箔を撒いた中間膜を挟んだ合わせガラスをファサード用に新開発している.濃淡の異なる2種類の高透過金箔合わせガラスに加え,乳白色と透明,計4種のガラスを使用.アントニン・レーモンド設計の旧ヤマハビルの建て替え.
2011年7月号170頁──日東薬品 Cento anni Hall──岸和郎+K.ASSOCIATES/Architects

2011年7月号170頁──日東薬品 Cento anni Hall──岸和郎+K.ASSOCIATES/Architects

京都府向日市──京都府向日市に立つ日東薬品のホールと会議室.もともと,工場であった建物を躯体のみを残し改修した.外周部は庇を回し,ルーバーを新設することで引きのない敷地の中で視覚的な距離をつくろうとした.また,ホールの南側に開く開口部は3種のスクリーンによって,ホールの使い方に対応できるようにしている.
2012年6月号038頁──東京スカイツリー 東京スカイツリータウン──日建設計

2012年6月号038頁──東京スカイツリー 東京スカイツリータウン──日建設計

東京都墨田区──東京都墨田区の業平橋・押上地区に建つ東京スカイツリー.東京都心に建つ200m超の高層ビルによるビル陰(ビルの陰となって地上デジタル放送が難視聴となる地域)をつくらないため,電波を安定して送信できる600m級のタワーとして計画された.634mの高さを持つ世界一の自立式電波塔として2012年2月29日に竣工.敷地はタワーヤード,イーストヤード,ウエストヤードの3街区からなり,タワー,商業施設の「東京ソラマチ®」,オフィス棟の「東京スカイツリーイーストタワー®」の3つの施設を中心とする東京スカイツリータウンが2012年5月22日に開業した. 書籍購入はこちら
2013年4月号168頁──町田市鶴川緑の交流館 和光大学ポプリホール鶴川──仙田満+環境デザイン研究所

2013年4月号168頁──町田市鶴川緑の交流館 和光大学ポプリホール鶴川──仙田満+環境デザイン研究所

東京都町田市──駅前の四周を道路に囲まれた敷地に新設された,市立図書館分館,音楽を主目的とした300席の多機能ホールなどを備えた複合公共施設.地下は鉄筋コンクリート造,地上は鉄骨造(中央コアは地下,地上ともに鉄骨造),地下2階,地上4階建て.吹き抜けを介して,交流スペースや図書館が立体的に構成される. 掲載号はアプリで購入できます!
2013年5月号120頁──御茶ノ水ソラシティ──大成建設一級建築士事務所

2013年5月号120頁──御茶ノ水ソラシティ──大成建設一級建築士事務所

東京都千代田区──日立製作所旧本社ビル跡地に建設されたオフィス,店舗,教育関連施設,文化交流施設などからなる大型複合ビル.敷地内に3,000㎡のパブリックスペースを設けるほか,隣接地区および地下鉄への歩行者ネットワークも構築している.構造には中間免震を採用. 掲載号はアプリで購入できます! 書籍購入はこちら
2013年10月号084頁──ホルトホール大分──佐藤総合計画

2013年10月号084頁──ホルトホール大分──佐藤総合計画

大分県大分市──大分県大分市の大分駅前に建てられた,ホール,図書館,子育て支援施設などが入る複合施設.西村浩氏らが計画している大分駅を中心に南北に延びる幅員100m,全長444mのシンボルロードに面して建つ. 掲載号はアプリで購入できます! 書籍購入はこちら
2015年7月号162頁──道の駅ファームス木島平──三浦丈典/スターパイロッツ

2015年7月号162頁──道の駅ファームス木島平──三浦丈典/スターパイロッツ

長野県下高井郡木島平村──トマト加工工場を改修し,六次産業化を目的に木島平村の農業の拠点として再生された道の駅.工場の大空間を生かした場所ではマーケットが開かれ,新たに挿入された小さな家型の空間にはカフェやレストラン,オフィスなどが入る.生産する公共空間として、設計者も共に関わりながら育てていく. 掲載号はアプリで購入できます! 書籍購入はこちら
2015年9月号136頁──二子玉川ライズ Ⅱ-a街区──設計 日建設計/アール・アイ・エー/東急設計コンサルタント設計共同企業体/デザイン監修 コンラン&パートナーズ

2015年9月号136頁──二子玉川ライズ Ⅱ-a街区──設計 日建設計/アール・アイ・エー/東急設計コンサルタント設計共同企業体/デザイン監修 コンラン&パートナーズ

東京都世田谷区──2010年に完成した二子玉川ライズ(本誌1106)のⅠ街区(商業施設),Ⅲ街区(集合住宅)の間に,店舗,シネマコンプレックス等を有する低層棟と,オフィス,ホテルが入る高層棟からなるⅡ-a街区が竣工した.都市から自然へをコンセプトに,屋上に公園や菜園を設けて周辺の緑地と連続させている. 掲載号はアプリで購入できます! 書籍購入はこちら
2015年12月号154頁──江東区 豊洲シビックセンター──日建設計/杉山俊一+高野明+甘粕敦彦

2015年12月号154頁──江東区 豊洲シビックセンター──日建設計/杉山俊一+高野明+甘粕敦彦

東京都江東区──近年の豊洲地区の再開発に伴い,二丁目2街区に建設された地下1階地上12階建ての複合型公共施設.施設内には行政窓口の出張所,ホール,音楽練習室やレクホール,高層階のテラスを併設した研修室・図書館などが積層する. 掲載号はアプリで購入できます! 書籍購入はこちら