2009年12月号127頁──金華キューブチューブ──SAKO建築設計工社

中国浙江省金華市──浙江省金華市に新設された開発区に建つオフィスビル.32,000mm角のキューブ内部に9層のフロアが収まる.外壁は550mm角のアルミ切板パネル(t=2mm)貼り.開口部や階高,また周辺のランドスケープもすべて550mmのグリッドにしたがって計画されている.隣接してレストラン棟の計画が進行中.
2010年4月号078頁──バルセロナ見本市グランビア会場拡張計画+トーレス・ポルタ・フィラ──伊東豊雄建築設計事務所

2010年4月号078頁──バルセロナ見本市グランビア会場拡張計画+トーレス・ポルタ・フィラ──伊東豊雄建築設計事務所

スペイン・バルセロナ市,オスピタレット市──バルセロナ見本市グランヴィア会場の拡張と,見本市に隣接するホテルとオフィス,2棟の高層タワーの新設.グランヴィア会場では既存の4棟のパビリオンが稼働しており.拡張計画の第一期としてエントランスホール,パビリオン1,8,パビリオン同士を繋ぐセントラルアクシスおよび外構が新設された.
2011年1月号123頁──島キッチン──安部良/ARCHITECTS ATELIER RYO ABE

2011年1月号123頁──島キッチン──安部良/ARCHITECTS ATELIER RYO ABE

香川県小豆郡土庄町──瀬戸内国際芸術祭2010(本誌1009)への出展アートのひとつとして豊島に建てられた施設で,会期終了後も継続運営されている.既存の古い空家と蔵を改修してレストラン(キッチン)とギャラリーとし,鉄骨造の日除け屋根を付設して劇場空間をつくり出している.日除け屋根の主構造材は亜鉛メッキ製の水道管.資源の限られた島内での効率的な施工が可能な材料や工法が選ばれた.
2011年4月号159頁──総合病院 南生協病院──日建設計

2011年4月号159頁──総合病院 南生協病院──日建設計

愛知県名古屋市緑区──JR新駅の前に新設移転した,南医療生活協同組合が運営を行う病床数313床の総合病院.駅と建物北側に広がる住宅地を繋ぐ動線を建物の真ん中に取り込み,そこがさまざまな機能が顔を出す街に開かれたエントランスホールとなっている.完成までの4年間に,組合員との45回におよぶ会議(延べ5,380人が参加)で出された利用する側の希望が多く設計に取り入れられている.
2013年3月号149頁──ジェームス邸──竹中工務店

2013年3月号149頁──ジェームス邸──竹中工務店

兵庫県神戸市垂水区──兵庫県神戸市にある,ウェディング施設.1934年に建てられたジェームス邸を改修しゲストハウスとし,バンケット,チャペルを新築した.ジェームス邸は塩屋地域を外国人の住宅地として開発したイギリス人のE.W.ジェームスの邸宅.防災・耐震改修をすることで神戸市文化財に指定し,ウェディングとして活用することで,ジェームス邸を残すことができた. 掲載号はアプリで購入できます!
2013年10月号120頁──チャイルド・ケモ・ハウス──手塚貴晴+手塚由比/手塚建築研究所

2013年10月号120頁──チャイルド・ケモ・ハウス──手塚貴晴+手塚由比/手塚建築研究所

兵庫県神戸市中央区──小児がん治療中の子どもとその家族の生活に配慮した日本で初めての専門治療施設.小児科医院と19戸の共同住宅がひとつとなっている.家のような環境で,小児がん患者が,家族と共に暮らしながら安心して治療を受けることができる.共同住宅はすべて専有の玄関を持ち,外側から各住戸に入ることができる.鉄骨平屋建てで,積水ハウスのβシステム工法を使用した. 掲載号はアプリで購入できます! 書籍購入はこちら