2017年10月号106頁──レッドウッド南港DC1 KLÜBBエリア──玉上貴人/タカトタマガミデザイン

2017年10月号106頁──レッドウッド南港DC1 KLÜBBエリア──玉上貴人/タカトタマガミデザイン

大阪府大阪市住之江区──大阪南港につくられた巨大物流空間の中の保育所や休憩スペース.1階のエントランス回りを含めた共用部全体と、4階の休憩スペースが人に優しい快適な労働環境(託児所,売店,ラウンジの整備)としてKLÜBBエリアと名付けられ,設計されている.無機質な倉庫で働く人たちが快適な環境を得られるよう,デッドスペースとなっていたランプや周辺も含めて外部環境を改善し,さまざまな居場所がつくられた. 掲載号はアプリで購入できます! 書籍購入はこちら
2009年5月号166頁──Breathing Factory──山口隆建築研究所

2009年5月号166頁──Breathing Factory──山口隆建築研究所

大阪府高槻市──医薬品試験のための恒温恒湿槽装置の研究所・工場・事務所の建て替え.外壁にはアルミ押し出し成形材によるルーバーが縦横ランダムに配されている.南北に2カ所設けられた3・4階2層分のボイド(光庭)は,採光と眺望のためのテラスとなっている.

2011年12月号142頁──箱崎町の番屋 エコバーチ・シェルター──水谷嘉信建築設計事務所

岩手県釜石市箱崎町(箱崎漁港堤防外)──箱崎漁港の堤防の外に建つ,漁港で働く人びとのための休憩所.9.9m2のふたつの箱が外部デッキを介して繋がる構成.箱の外壁,屋根,床,建具の材料に安価な耐水性バーチ合板を規格サイズの4×8版をカットせずに組み立てた.柱,梁,デッキ材は神戸で事前に加工した愛媛久万町のスギ材.地元の大工,ボランティアの大工,学生を始めとするボランティアの手で5日間をかけて竣工.日本財団ROADプロジェクト「東北地方太平洋沖地震・災害にかかる支援活動助成」の助成による関西建築家ボランティア「50万円プロジェクト(仮設シェルター)」によって建設.恒久建築物として建築確認申請済み.
2012年5月号086頁──カモ井加工紙第三撹拌工場史料館──武井誠+鍋島千恵/TNA

2012年5月号086頁──カモ井加工紙第三撹拌工場史料館──武井誠+鍋島千恵/TNA

岡山県倉敷市──岡山県倉敷市に建つマスキングテープなどの加工紙を扱う工場群のひとつを史料室と休憩ラウンジに改修した.2階の床には以前の以前使用していた機械の名残で規則正しく穴が空き,そこに新規の鉄骨柱が通る.柱,梁,2階床だけを残し新たな構造体を自立させている. 書籍購入はこちら
2013年6月号146頁──日新倉庫棟計画──設計施工 大林組

2013年6月号146頁──日新倉庫棟計画──設計施工 大林組

鳥取県境港市──鳥取県に建つ,クライアントの工場内に新築された木造の倉庫,LVL薄板により,ローコスト,ロングスパン,準耐火の無柱空間を実現.燃えしろ設計として,主架構の構造部材をLVL1次接着製品によるつづり材で構成.燃えしろ性能の実験検証を行い準耐火が証明されているため,2次接着が不要となっている. 掲載号はアプリで購入できます! 書籍購入はこちら
2013年9月号162頁──カモ井加工紙第二製造工場倉庫──武井誠+鍋島千恵/TNA

2013年9月号162頁──カモ井加工紙第二製造工場倉庫──武井誠+鍋島千恵/TNA

岡山県倉敷市──岡山県倉敷市にある加工紙を扱う会社の工場兼倉庫の改修.既存建物資料室,休憩ラウンジに改修したカモ井加工紙第三撹拌工場史料館(本誌1205)に隣接して建つ.長手方向55m,短手方向20mの建物でかつてはワンルームであったが作業スペースなどを新設.柱の側面にCTを付加し壁面上部の柱間にブレースを設け耐震補強を行った.関連作品(本誌1703) 掲載号はアプリで購入できます! 書籍購入はこちら 書籍購入はこちら
2013年11月号042頁──羽田クロノゲート──日建設計

2013年11月号042頁──羽田クロノゲート──日建設計

東京都大田区──羽田空港に隣接して建つヤマトグループ最大級の物流ターミナル.立地を活かした陸海空のスピード輸送をはじめ,24時間365日稼働,付加価値機能を高める最新鋭の物流システムとセキュリティ設備を完備する.周辺地域との共生を目指したフォーラムや託児所などの地域貢献施設を併せ持つ. 掲載号はアプリで購入できます! 書籍購入はこちら
2017年3月号106頁──カモ井加工紙mt新倉庫──武井誠+鍋島千恵/TNA

2017年3月号106頁──カモ井加工紙mt新倉庫──武井誠+鍋島千恵/TNA

岡山県倉敷市──創業94年を迎える倉敷の粘着テープ製造会社,カモ井加工紙の敷地に建てられた文具・雑貨向けのマスキングテープ「mt」の商品保管用倉庫.カモ井加工紙第二工場倉庫(本誌1309)の隣に新たに建設され,中央の通路で2棟は繋がっている. 掲載号はアプリで購入できます! 書籍購入はこちら

2014年10月号102頁──日本橋ダイヤビルディング──三菱地所設計・竹中工務店

東京都中央区──東京都中央区日本橋に建つ,1930年竣工の三菱倉庫江戸橋倉庫ビルの外壁の7割と躯体の4割を保存改修した.低層部には三菱倉庫株式会社の事務所と倉庫が入り,高層部にはテナントオフィスが入る.既存躯体の外壁を保存することにより特定街区制度を活用して300%の容積割増を受けた.手前の日本橋川の上には首都高速が架かっている. 掲載号はアプリで購入できます! 書籍購入はこちら
2014年12月号076頁──日本橋再生計画 福徳神社──日本設計(基本計画) 清水建設(設計・監理)

2014年12月号076頁──日本橋再生計画 福徳神社──日本設計(基本計画) 清水建設(設計・監理)

東京都中央区──貞観年間から1000年以上の歴史がある神社の再生.神社の完成により,日本橋再生計画の一環である日本橋室町東地区(本誌1404)が完成となった.鳥居は三井本館などが面する中央通りのアイストップになる位置に配した.耐火上の規制により木造建築が建てられないため,鉄骨造としながらも伝統木造に見えるよう,伝統的な継手.仕口の木造技術を使って組み上げている. 建築専門誌『新建築』さん(@shinkenchikusha)がシェアした投稿 – 2017 7月 7 3:50午前 PDT 掲載号はアプリで購入できます! 書籍購入はこちら
2015年1月号126頁──美井戸神社──ドットアーキテクツ

2015年1月号126頁──美井戸神社──ドットアーキテクツ

香川県小豆郡小豆島町──瀬戸内国際芸術祭2013で小豆島に出品された,ビートたけし氏とヤノベケンジ氏の彫刻作品「ANGER from the Bottom」を風雨から守るための社.小豆島の有志団体によって寄付がつのられ建設に至った.最長約6.5mまで伸びる作品に合わせ,伸縮する柱で屋根を支える仕組みになっている.   掲載号はアプリで購入できます! 書籍購入はこちら
2015年3月号105頁──ブルーボトルコーヒー清澄白河ロースタリー&カフェ──長坂常+山本亮介/スキーマ建築計画

2015年3月号105頁──ブルーボトルコーヒー清澄白河ロースタリー&カフェ──長坂常+山本亮介/スキーマ建築計画

東京都江東区──コーヒー生産販売企業のためのコンプレックス.江東区の倉庫をリノベーションし,1階にロースタリー(焙煎所)とカフェ,豆のストック,2階にオフィスとキッチン,トレーニングルームを設けた.階段やガラス天井といった上下の繋がりをつくることで,働く人や訪れる人のさまざまな活動が交差することを意図した. 掲載号はアプリで購入できます! 書籍購入はこちら