2018年3月号086頁──南三陸町役場庁舎/歌津総合支所・歌津公民館──五十嵐学+新谷泰規/久米設計 小澤祐二+藤木俊大/ピークスタジオ

2018年3月号086頁──南三陸町役場庁舎/歌津総合支所・歌津公民館──五十嵐学+新谷泰規/久米設計 小澤祐二+藤木俊大/ピークスタジオ

宮城県本吉郡南三陸町──東日本大震災による津波の被害を受けた南三陸町(人口約13,000人)の志津川と歌津のふたつの地区における行政拠点の高台移転およびその新築計画.町民の普段使いの協働・交流広場として「マチドマ」と呼ばれる空間がふたつの施設に計画された.使用木材全体の9割を地元産材とし,「森林管理協議会(FSC)」の全体プロジェクト認証を取得. 掲載号はアプリで購入できます! 書籍購入はこちら

2011年12月号144頁──仮設建築モデル どんぐりハウス──設計施工 杉本洋文+東海大学チャレンジセンター 3.11生活復興支援プロジェクト

岩手県大船渡市(泊地区公民館) 宮城県石巻市(相川・小指地区集会場)──岩手県大船渡市と宮城県石巻市にある集会場・公民館.合板を使用しない国産の間伐材のみを使用するウッドブロッグ構法でつくられ基本ユニットを積み重ねるだけの施工方法で学生でも短期間で建設できる.
2013年10月号094頁──新潟市江南区文化会館──新居千秋都市建築設計

2013年10月号094頁──新潟市江南区文化会館──新居千秋都市建築設計

新潟県新潟市江南区──図書館,公民館,郷土資料館,ホールが入る複合施設.十字ストリートで繋がる機能ごとのゾーン間が連携し活用しやすい諸室配置となっている.市民,職員へのヒアリングや近隣施設の徹底的な調査により空間を構成した.図書館機能や音楽機能を入れ子状に配置し,ポリゴンの壁面にダクトを納めるため3次元CADと模型スタディを繰り返し設計. 掲載号はアプリで購入できます! 書籍購入はこちら
2017年3月号080頁──岐南町新庁舎・中央公民館・保健相談センター──川原田康子+比嘉武彦/kw+hg アーキテクツ

2017年3月号080頁──岐南町新庁舎・中央公民館・保健相談センター──川原田康子+比嘉武彦/kw+hg アーキテクツ

岐阜県羽鳥郡──鉄筋コンクリートの大屋根が掛かる中央公民館エントランスホール.この建物は同じ敷地内にあった庁舎ほかの移転建替えプロジェクト.中央公民館と保険相談センターを1階低層部に併設し,庁舎機能を中層棟にまとめている. 掲載号はアプリで購入できます! 書籍購入はこちら
2017年2月号156頁──小豆島 小規模多機能施設「はまひるがお坂手」・遊児老館──大西麻貴+百田有希 / o+h

2017年2月号156頁──小豆島 小規模多機能施設「はまひるがお坂手」・遊児老館──大西麻貴+百田有希 / o+h

香川県小豆郡小豆島町──2013年の瀬戸内国際芸術祭をきっかけに始まった活動,「坂手の未来を考える」プロジェクトの一環として整備された小規模多機能施設と遊児老館.小学校跡地に新築で建てられた小規模多機能施設と,元もと幼稚園として使われていた建物を改修した遊児老館の2棟がグラウンドを挟んで建ち,地元住民や観光客が集う地域の交流拠点となる. 掲載号はアプリで購入できます! 書籍購入はこちら
2015年5月号146頁──なかまちテラス 小平市立仲町公民館・仲町図書館──妹島和世建築設計事務所

2015年5月号146頁──なかまちテラス 小平市立仲町公民館・仲町図書館──妹島和世建築設計事務所

東京都小平市──青梅街道に面して建つ,小平市仲町地区の公民館と図書館の機能を一体化した生涯学習施設.エキスパンドメタルで覆われた複数のボリュームが寄り添ったような形状とし,多方向からのアクセスを可能にした.外周部に分散配置された100mm角の鉄骨柱によるかご状フレームで構成.梁せい100mmのH鋼梁を内包する厚さ200mmの鉄筋コンクリートスラブがボリューム同士を繋ぐ.鉄骨造,地下1階,地上3階建て. 掲載号はアプリで購入できます! 書籍購入はこちら

2016年4月号146頁──高浜町新庁舎公民館──日本設計・未来プランニング設計共同体

福井県大飯郡高浜町──福井県の最西端に位置する人口約1万1千人の町,高浜町に建設中の新庁舎公民館.人口減少と少子高齢化が進展する中で,ローコストで住みやすいまちづくりを目指したコンパクトシティ構想の一環として,公共交通機関と総合病院の利用アクセスがよい若狭高浜駅前の町有地に庁舎と公民館を一体的に整備することになった.新庁舎公民館には,町の景観・伝統・技術を後世に伝え,今後のまちづくりのシンボルとなる役割を課し,計画のコンセプトである「町民に開かれた庁舎・公民館」を実現すること目指している. 掲載号はアプリで購入できます! 書籍購入はこちら
2016年11月号100頁──落合総合センター──東畑建築事務所

2016年11月号100頁──落合総合センター──東畑建築事務所

岡山県真庭市──落合総合センターは市役所の分室としての機能や図書館,地域交流スペースなどを備えた公共施設.延床面積4,200㎡のうち3,000㎡を燃えしろ設計による木造とすることで,木造準耐火構造とし列柱(210mm角の一般製材を4本束ねた柱)の木構造を現しで使用している. 掲載号はアプリで購入できます! 書籍購入はこちら