2018年4月号162頁──秋田オーパ──青木茂建築工房

2018年4月号162頁──秋田オーパ──青木茂建築工房

秋田県秋田市──1974年に建設され,老朽化や耐震性の問題と空床率の増加という問題を抱えていた商業施設をリファイニングすることで,新たな商業施設として再生させるプロジェクト.既存の外壁を解体し軽量化を図った上で,外観の特徴となる連層耐震壁を設置し,施設のイメージを一新している. 掲載号はアプリで購入できます! 書籍購入はこちら
2017年11月号062頁──COEDA HOUSE──隈研吾建築都市設計事務所

2017年11月号062頁──COEDA HOUSE──隈研吾建築都市設計事務所

静岡県熱海市──熱海市の相模湾沿岸に位置するアカオハーブ&ローズガーデン内に建つカフェ.約140㎡の正方形平面の中央に設けられた,80mm角のヒバ細材を積層させた木のような構造体によって,屋根が支えられている.基礎と開口部上部の垂れ壁を繋ぐ,放射状に配置された12本のカーボンファイバーによって,積層構造体が固定されることで,地震や風による揺れに対応する. 掲載号はアプリで購入できます! 書籍購入はこちら
2011年1月号158頁──日東光学ショールーム・金子茶房──柳澤孝彦+TAK建築研究所

2011年1月号158頁──日東光学ショールーム・金子茶房──柳澤孝彦+TAK建築研究所

長野県諏訪市──長野県諏訪市の諏訪大社上社本宮に面して建つ,茶房とショールーム.2階妻面は大社から八ヶ岳連峰への眺望を遮らないよう全面開口としている.1階は鉄筋コンクリート造,2階は木造の混構造.2階のカラマツ材門型フレームの柱脚部が,ベースプレートを介して1階の鉄筋コンクリートの躯体と接合する.諏訪大社にて7年ごとに開かれる式年造営御柱大祭(御柱)の際には,2階西側に設けたテラスが立ち見の観覧場所となる.