2011年12月号150頁──歌津コミュニティパビリオン──HarvardGSD+慶応義塾大学大学院+宮城大学

宮城県本吉郡南三陸町(歌津中学校敷地内)──歌津中学校敷地内に建てられたHarvardGSD,慶応義塾大学大学院,宮城大学の国内外3大学による集会所.岐阜県でプレカットしたスギ材を軸組に使用し,外周を2,859個のスギブロックで覆う.スギブロックは製材時に出る端材で,登米町森林組合からの無償提供.ブロックの組み立ては簡単にできるため,地元の小中学生も施工に参加した.設置予定期間2〜5年の工作物.

2011年12月号151頁──バーバドール5丁目──MIT Japan 3/11 Initiative Project Team

宮城県本吉郡南三陸町歌津(「平成の森」仮設住宅地内)──宮城県南三陸町最大の仮設住宅地「平成の森」に設置された仮設住宅をより快適にする仕掛け.MIT(マサチューセッツ工科大学)と慶応義塾大学大学院,宮城大学の3大学の協働によるプロジェクト.平成の森に住民が集まって使えるようにと置かれていたテーブルとベンチを,冬場でも使えるように,雨や雪を凌ぐポリカーボネートの屋根を架け,ソーラーパネルや4×4mのデッキを3日間で設置.30cm底上げをしたデッキの下に配管し,ポンプと水瓶による床暖房としている.

2011年12月号133頁──CycleⅡ ーー志津川小アクションリサーチプロジェクトーー──設計施工 プレイグラウンド・サポーターズ/千葉工業大学石原研究室

宮城県本吉郡南三陸町(志津川小学校仮設住宅内)──宮城県南三陸町の仮設住宅敷地内に住民の集まる場をつくる一連のプロジェクト.アクションリサーチとは,研究実践者が当事者に寄り添い,一緒に現状を変革していく方法(クルト・レヴィンが提唱).ベンチ,ともだちいっぱいカフェ(野点床),シェルターと必要に応じて徐々に場づくりを展開した.運動会で使われた桟敷席を解体し,仮設住宅に付帯させるテラスやベンチも製作.設置予定期間2年の工作物.