2018年5月号088頁──東京ミッドタウン日比谷──マスターデザインアーキクテト:ホプキンス・アーキテクツ 基本設計:日建設計(都市計画・デザイン監修)  実施設計:KAJIMA DESIGN

2018年5月号088頁──東京ミッドタウン日比谷──マスターデザインアーキクテト:ホプキンス・アーキテクツ 基本設計:日建設計(都市計画・デザイン監修)  実施設計:KAJIMA DESIGN

東京都千代田区──三信ビルディングと日比谷三井ビルディングの建て替えを含んだ再開発プロジェクト.2014年に東京圏で初の国家戦略特区として区域認定を受け,国際的なビジネス拠点としての役割を期待されている.また,周辺の東京宝塚劇場・日生劇場・シアタークリエ・帝国劇場,そしてミッドタウン内のTOHOシネマズ日比谷と合わせて,「日比谷ステップ広場」などのパブリックスペースが設けられ,一体的な広場空間を生み出している. 掲載号はアプリで購入できます! 書籍購入はこちら
2013年5月号120頁──御茶ノ水ソラシティ──大成建設一級建築士事務所

2013年5月号120頁──御茶ノ水ソラシティ──大成建設一級建築士事務所

東京都千代田区──日立製作所旧本社ビル跡地に建設されたオフィス,店舗,教育関連施設,文化交流施設などからなる大型複合ビル.敷地内に3,000㎡のパブリックスペースを設けるほか,隣接地区および地下鉄への歩行者ネットワークも構築している.構造には中間免震を採用. 掲載号はアプリで購入できます! 書籍購入はこちら

2013年11月号124頁──コンゴ民主共和国日本文化センター──慶應義塾大学SFC松原弘典研究室

コンゴ民主共和国キンシャサ市ゴンベ地区ゴンベ教員大学(ISP)内──2008年からコンゴ民主共和国キンシャサ郊外で行われている,小学校建設の第2期〜第4期工事.第2期では第2教室棟(2010年竣工),第3期では第3教室棟(2011年竣工),第4期では校門アーチ(2013年竣工)がそれぞれ建設された.毎年,慶應義塾大学の松原研究室の学生により設計,現地住民との施行が行われている.今後,2016年までに全7教室が完成予定である. 掲載号はアプリで購入できます! 書籍購入はこちら
2015年1月号152頁──嬉野市立塩田中学校+嬉野市社会文化会館──末光弘和+末光陽子/SUEP.+佐々木信明/INTERMEDIA

2015年1月号152頁──嬉野市立塩田中学校+嬉野市社会文化会館──末光弘和+末光陽子/SUEP.+佐々木信明/INTERMEDIA

佐賀県嬉野市──中学校(建て替え)と,既存商業施設を挟んだ文化会館(新設)の一体的な計画.水害の多い敷地に建つため,建物全体を高床にして緊急時の避難経路とし,貯水池の機能を果たす「ソトニワ」を中学校の中心に配置した.大小64個のY字型鉄骨フレームで全体を構成.この屋根と柱により雨水を集め,「ソトニワ」の水路や水盤を通して,レインガーデンを形成する.   掲載号はアプリで購入できます! 書籍購入はこちら