2016年2月号194頁──ネパール震災復興住宅モデルハウス──慶應義塾大学SFC「アーバン・ルーラル・リデザイン」プロジェクトチーム 坂茂建築設計 小林・槇デザインワークショップ(KMDW)

ネパール、カトマンズ及びチャリコット──2015年4月と5月にネパールで発生した地震により,ネパール国内で9,000人余りが亡くなり,約50万棟の建物が全壊した.慶應義塾大学SFC「アーバン・ルーラル・リデザイン」プロジェクトでは,カトマンズで坂茂チームによる倒壊煉瓦を再利用した住宅モデル,そして地方のドラカ州チャリコットで小林博人チームによる地域産ベニヤ合板を用いた住宅モデルの2タイプを地元の方と共に建設した. 掲載号はアプリで購入できます! 書籍購入はこちら