2018年6月号176頁──認定こども園 きんのほし──石原健也+デネフェス計画研究所

2018年6月号176頁──認定こども園 きんのほし──石原健也+デネフェス計画研究所

沖縄県国頭郡──不定形な傾斜地に建つ子ども園の計画.敷地レベルに沿って分棟形式の保育室が建ち並ぶ.各保育室に対して勾配の異なる屋根を回転させながら,重なり合うように配置することで生まれる軒下の雨端(アマハジ)空間を介して保育室同士を連続させている. 掲載号はアプリで購入できます! 書籍購入はこちら
2018年6月号146頁──にしあわくらほいくえん──三浦丈典/スターパイロッツ

2018年6月号146頁──にしあわくらほいくえん──三浦丈典/スターパイロッツ

岡山県英田郡西粟倉村──岡山県英田群に位置する人口1,500人の西粟倉村に建つ唯一の保育園.村では,「百年の構想」という森づくりのビジョンが掲げられ,森林整備,間伐材の活用などが積極的に進められている.小径で長さの取れない村産材の特徴を活かしながら,棟ごとに異なる架構をつくっている. 掲載号はアプリで購入できます! 書籍購入はこちら
2018年6月号104頁──ルンビニー学園整備計画 ルンビニー保育園 明福寺ルンビニー学園幼稚園 明福寺 書院・庫裏──戸室太一建築設計室

2018年6月号104頁──ルンビニー学園整備計画 ルンビニー保育園 明福寺ルンビニー学園幼稚園 明福寺 書院・庫裏──戸室太一建築設計室

東京都江戸川区──保育園,幼稚園の増改築と,隣接する寺の書院・庫裏の改築を段階的に行う整備計画.保育園と幼稚園の園舎を敷地外周に寄せることで,寺と園舎を視覚的に結ぶと共に,間にオープンスペースを生み出した.園庭を囲うように保育園と幼稚園を繋ぐデッキテラスの庇が日陰空間を形成する. 掲載号はアプリで購入できます! 書籍購入はこちら
2018年6月号060頁──慶松幼稚園──原広司+アトリエ・ファイ建築研究所

2018年6月号060頁──慶松幼稚園──原広司+アトリエ・ファイ建築研究所

東京都町田市──1968年に原広司氏の設計で建てられた旧園舎の建て替え.構造は木造(一部鉄骨造)とし,複数のハイサイドライトを持つ変形切妻型の木造大屋根が架かる.北側の園庭に張り出した庇の下には,デッキテラスが設けられている.保育室は南北15m×東西4mを基本とした縦長の平面.室同士は門型の壁フレームや家具によって緩やかに分節されつつも,全体を一室空間としている. 掲載号はアプリで購入できます! 書籍購入はこちら
2018年5月号114頁──濱江多目的センター──青木淳建築計画事務所

2018年5月号114頁──濱江多目的センター──青木淳建築計画事務所

台湾台北市──台北市松山空港に隣接するエリアに建つ,企業の倉庫兼ショールーム.敷地の南北を高速道路が走り,周囲には空港,公園,川といった大スケールが連続することから,短時間,かつ遠目からでも認識できる図象性が求められた. 掲載号はアプリで購入できます! 書籍購入はこちら
2018年4月号192頁──武蔵小杉のオフィスビル増築──古澤大輔/リライト_D

2018年4月号192頁──武蔵小杉のオフィスビル増築──古澤大輔/リライト_D

神奈川県川崎市中原区──築22年の本社ビル(右)の隣地を購入し,新たに増築するプロジェクト.別棟新築と,既存棟への増築の比較検討を行い,日影規制や複雑な建物形状になることをを受け,増築が選択された.ふたつの敷地を合筆し増築とすることで,既存の容積未消化分も吸収しつつ,シンプルな建物形状としている.前面道路側の外観は既存建物と揃えた.現しのラーメンフレームの建物外周部をキャンチレバーとし,柱の本数を6本まで絞ることでフレキシビリティを高めた.長手方向の梁は逆梁とすることによって,柱と梁のフレームで空間および空調エリアを分割している. 掲載号はアプリで購入できます! 書籍購入はこちら
2018年4月号062頁──近三ビルヂング(旧 森五商店東京支店)──竹中工務店(原設計:村野藤吾)

2018年4月号062頁──近三ビルヂング(旧 森五商店東京支店)──竹中工務店(原設計:村野藤吾)

東京都中央区──1931年に村野藤吾によって設計されたオフィスビル.竣工当初は森五商店の東京支店として使われ,現在はテナントビルとして活用されている.所有者である近三商事,当時の施工を担当した竹中工務店や設備を担当する三機工業などにより当時の姿を残したまま現役のテナントビルとしての性能も担保できるよう幾度も改修されてきており,2014〜15年には第2期の耐震改修が行われた. 掲載号はアプリで購入できます! 書籍購入はこちら
2018年1月号128頁──佐賀県歯科医師会館──アトリエ・アンド・アイ 坂本一成研究室

2018年1月号128頁──佐賀県歯科医師会館──アトリエ・アンド・アイ 坂本一成研究室

佐賀県佐賀市──佐賀県歯科医師会の会館建て替えに際し,求められた面積を平屋建てのホール棟(手前)と5階建てのオフィス棟(奥)のふたつに分割することで,全体のボリュームを敷地周辺のスケールに対応させ抑えると共に,ホールを開かれたものとしている.オフィス棟はコンパクトな平面と庇を伴った水平連窓が外周をくるみ,透過性の高い空間となっている. 掲載号はアプリで購入できます! 書籍購入はこちら

2018年1月号106頁──AU dormitory──設計:小林一行+樫村芙実/TERRAIN architects 設計協力:Plantek Consultants

ウガンダ共和国ワキソ県ナンササ町──ウガンダの首都カンパラ郊外に建つ,海外の大学への進学を目指す学生のための寄宿舎.49カ国から学生が集まり共同生活をしている.1期工事では,男子寮,学習室,ホールなどを建設し(本誌1405),第2期工事では,女子寮や事務所を建設した.壁は焼成煉瓦+鉄筋コンクリート造,屋根は木造+鉄骨造.東西に壁面,南北に開口部を設け,直射日光による影響を抑えながらも明るさや通風を確保している. 掲載号はアプリで購入できます! 書籍購入はこちら
2017年12月号054頁──小田原文化財団 江之浦測候所──新素材研究所 杉本博司+榊田倫之

2017年12月号054頁──小田原文化財団 江之浦測候所──新素材研究所 杉本博司+榊田倫之

神奈川県小田原市──江之浦測候所が建つ神奈川県小田原市江之浦地区は箱根外輪山の麓に位置し,東に相模湾を望む.かつてみかん畑であった3,000坪の敷地に,ギャラリー棟,石能舞台,光学硝子ストラクチャー,茶室,門,待合棟などの施設が,庭園と呼応するように配置されている. 掲載号はアプリで購入できます! 書籍購入はこちら
2017年9月号98頁──ポートランド日本庭園 カルチュラル・ヴィレッジ──隈研吾建築都市設計事務所

2017年9月号98頁──ポートランド日本庭園 カルチュラル・ヴィレッジ──隈研吾建築都市設計事務所

アメリカ合衆国オレゴン州ポートランド──駐車場とカルチュラル・ヴィレッジを結ぶ遊歩道から見る.左にティーカフェ,右にカルチュラルセンターが見える.ポートランド日本庭園は,市中心部のほど近くに位置するワシントンパーク内に1967年に設立された.日本文化発信のミュージアム機能でも知られる同園を,コミュニティの文化的中核とすべくカルチュラルセンター,ガーデンハウス,ティーカフェで構成されたカルチュラル・ヴィレッジと,駐車場に隣接するチケットパビリオンが新設された. 掲載号はアプリで購入できます! 書籍購入はこちら
2017年7月号098頁──あさひ幼稚園 第二期──手塚貴晴+手塚由比/手塚建築研究所 今川憲英/TIS&PARTNERS

2017年7月号098頁──あさひ幼稚園 第二期──手塚貴晴+手塚由比/手塚建築研究所 今川憲英/TIS&PARTNERS

宮城県本吉郡南三陸町──あさひ幼稚園(本誌1210)は,東日本大震災により仮設住まいをされていた地域に2012年に建てられたに仮設園舎.その後,周囲の宅地開発にともない,一旦は移転が決定していたが,関係者の働きかけにより残置され,かつ増築された.園舎が建つ敷地の傾斜は当初の地形をそのまま活かしている. 掲載号はアプリで購入できます! 書籍購入はこちら
2017年7月号128頁──あたご保育園──INTERMEDIA

2017年7月号128頁──あたご保育園──INTERMEDIA

長崎県長崎市──長崎市内の西向きの斜面地に建つ保育園.棚田として造成された敷地形状をそのまま活かした断面構成とすることで,各園児室から眺望や採光を確保するとともに,屋上を園庭として活用している.園庭にはトップライトが設けられ,階下の園児室に光を落とす. 掲載号はアプリで購入できます! 書籍購入はこちら
2017年4月号074頁──ISAK Kamiyama Academic Center + Residence 4──小嶋一浩+赤松佳珠子/CAt

2017年4月号074頁──ISAK Kamiyama Academic Center + Residence 4──小嶋一浩+赤松佳珠子/CAt

長野県北佐久郡──ISAK(インターナショナルスクール・オブ・アジア軽井沢)は,国際バカロレアをカリキュラムの軸とし,日本の高等学校としてはじめて認可されたインターナショナルスクール.南北に緩やかに傾斜する山麓にあり,建物は東西に細長い平屋.既存棟に習い外壁はガルバリウム鋼板で仕上げている. 掲載号はアプリで購入できます! 書籍購入はこちら
2009年1月号166頁──YKK黒部事業所 ランドスケーププロジェクト 丸屋根展示館 健康管理センター 古御堂守衛所──設計 大野秀敏+吉田明弘/APLdw/ランドスケープデザイン オンサイト計画設計事務所

2009年1月号166頁──YKK黒部事業所 ランドスケーププロジェクト 丸屋根展示館 健康管理センター 古御堂守衛所──設計 大野秀敏+吉田明弘/APLdw/ランドスケープデザイン オンサイト計画設計事務所

富山県黒部市──YKKの工場を一部除却してできた土地に森を育てるランドスケーププロジェクト.敷地内には既存工場の一部を展示施設へと変えた「丸屋根展示館」,外壁にメタルラス型枠のコンクリート打ち放しを使い,経年変化で表情を変える「健康管理センター」などがある.敷地内には洋シバを張った矩形の「ルーム」という広場が設けられ,将来,森の中のボイドとなる.施設の一部は「YKKセンターパーク」として一般に公開されている.

2009年2月号076頁──沖縄小児保健センター──フナキサチコケンチクセッケイジムショ・細矢仁建築設計事務所 設計共同体

沖縄県島尻郡南風原町──「沖縄方式」と呼ばれる乳幼児集団健診システムを運営する沖縄県小児保健協会のセンター.沖縄の風土や施工性から,外壁と深い庇(最大で4,800mm張り出している)はすべて鉄筋コンクリート造.2階は曲面壁によってゆるやかに機能が分けられており,3階には風の抜ける大きな半外部空間がある.
2009年6月号122頁──NSOC 仙台北部整形外科──八重樫直人+ノルムナルオフィス

2009年6月号122頁──NSOC 仙台北部整形外科──八重樫直人+ノルムナルオフィス

宮城県仙台市──デイ・サージャリー(日帰り・短期入院を伴う手術)を行う仙台市北部のスポーツクリニック.鉄筋コンクリート造の方形のボリュームにそれぞれ,外来診察,病室,手術室,そして待合が入る.諸室を繋ぐ廊下はリハビリ室と一体として歩行訓練などに用いられる.生活習慣病のケアなど,地域の人びとの健康状態に面的に関わる.
2009年11月号150頁──神戸ドイツ学院・ヨーロピアンスクール──岩村和夫+岩村アトリエ

2009年11月号150頁──神戸ドイツ学院・ヨーロピアンスクール──岩村和夫+岩村アトリエ

兵庫県神戸市東灘区──国土交通省「第1回住宅・建築省CO2推進モデル事業」に採択されたドイツ系インターナショナルスクール.周辺状況を詳細に分析した上で,トップライトによる昼光利用・自然換気,太陽光パネルやクールチューブの積極活用,木材利用による炭素の固定や建物外皮の断熱強化など行っている.また,使用開始後の発電状況を測定・記録・表示し,環境教育の一環としても利用している.
2010年1月号072頁──ペンシルバニア大学 アネンバーグ・パブリックポリシーセンター──槇総合計画事務所

2010年1月号072頁──ペンシルバニア大学 アネンバーグ・パブリックポリシーセンター──槇総合計画事務所

アメリカ合衆国・ペンシルバニア州フィラデルフィア──報道の内容や公共政策に関する研究を中心とした施設.ペンシルバニア大学のキャンパスの中央部に位置する.周囲には勾配屋根の古い煉瓦造や外壁がライムストーンの建物など,異なる時代の建築が建つ.ガラスカーテンウォールと木製のインナーサッシによるダブルスキン.木(メープル)のパネル戸が不規則に配列されている.一部が可動で室内環境を調整できる.
2010年1月号100頁──虎屋京都店──内藤廣建築設計事務所

2010年1月号100頁──虎屋京都店──内藤廣建築設計事務所

京都府京都市上京区──京都御所の傍にある虎屋発祥の地に,以前よりあった菓子製造と喫茶スペースに,ギャラリーなどを新たに加えた施設.喫茶 虎屋菓寮の天井は150mm間隔に配されたスギ集成材で,圧縮力を負担する構造部材としても働く.屋根面に設けられたトップライトからは光が差し込む.敷地の外周には路地が巡り,既存の樹木を生かした庭へと至る.
2010年2月号092頁──SH──坂倉建築研究所

2010年2月号092頁──SH──坂倉建築研究所

東京都港区──坂倉準三が事務所を開設し,さまざまな人びとが集った場所で,既存の建て替え.大きな樹木(ヒマラヤスギとケヤキ)を残しながら,3つのボリュームを雁行させて配している.低層階に店舗,上層階に10戸の賃貸住戸.コンクリートは3種類の樹種を用いた型枠パネルでつくられた.「東京ミッドタウン」に隣接.
2010年3月号137頁──ベルギー・スクエアベルギー大使館+二番町センタービル──岡部憲明アーキテクチャーネットワーク+竹中工務店

2010年3月号137頁──ベルギー・スクエアベルギー大使館+二番町センタービル──岡部憲明アーキテクチャーネットワーク+竹中工務店

東京都千代田区──ベルギー大使館の建て替え.敷地には大使館棟と事業棟である二番町センタービルが配され,それらと街を繋ぐ広場として,ブルーストーン敷きの広場「プラザ」が配置されている.大使館棟の外壁はライムストーンの目地とプレキャストコンクリート版間の目地幅を等しくし,均一な目地幅で壁面を構成している.
2010年5月号132頁──KIT HOUSE──京都工芸繊維大学住環境設計研究室+安井建築設計事務所+京都建築都市研究所+K.ASSOCIATES/Architects

2010年5月号132頁──KIT HOUSE──京都工芸繊維大学住環境設計研究室+安井建築設計事務所+京都建築都市研究所+K.ASSOCIATES/Architects

京都府京都市左京区──60周年記念事業で建て替えた学生会館.1階に食堂,2階にコンビニ,ブックショップが入る.東向きのトップライトが設けられた4つの切妻の連続屋根,煉瓦ブロックの透かし積みの外壁,デッキや外部階段などさまざまなスペースで外部と繋がることが意図されている.食堂の椅子とテーブルなど家具は米田明氏による設計.
2010年8月号177頁──東京工業大学すずかけ台キャンパスG3棟レトロフィット──デザインアーキテクト 和田章+元結正次郎+坂田弘安+奥山信一/設計 東京工業大学施設運営部+綜企画設計+テクノ工営

2010年8月号177頁──東京工業大学すずかけ台キャンパスG3棟レトロフィット──デザインアーキテクト 和田章+元結正次郎+坂田弘安+奥山信一/設計 東京工業大学施設運営部+綜企画設計+テクノ工営

神奈川県横浜市──1979年竣工,11階建ての研究室棟の耐震改修.「心棒」の建築構造を応用し,既存建物のくびれ部分計6カ所に,地盤面との接地点をピン接合としたロッキング壁柱を設置.建物各階層の層間変形角を揃え,特定層の破壊を防止する.壁柱下端部には偉人のアフォリズムが刻まれる.
2012年4月号144頁──緑の詩保育園──仙田満+環境デザイン研究所

2012年4月号144頁──緑の詩保育園──仙田満+環境デザイン研究所

埼玉県北本市──近くで幼稚園を経営する法人による新設の認定こども園.中央の2層吹き抜けのホールを,保育室をはじめとする各諸室,テラスが囲む構成.ホールの天井高は約8m.頂部の環状トップライトを中心としてベイマツ材の合わせ梁が放射状に架かる.木造2階建て.
2012年4月号130頁──アトリオとねやま保育園──竹原義二/無有建築工房

2012年4月号130頁──アトリオとねやま保育園──竹原義二/無有建築工房

大阪府豊中市──1969年に開園した大阪府豊中市立の保育園が民間に移管され,改修が行われた.敷地は20年契約の定期借地のため,既存躯体を活用した改修とした.工事中も保育が継続できるように,はじめに保育室を増築し,4期に分けて玉突き形式で改修を行った.園児に合わせて低い位置の開口やトップライトを新設.
2012年4月号137頁──えいの里保育園──岩田章吾建築設計事務所

2012年4月号137頁──えいの里保育園──岩田章吾建築設計事務所

兵庫県明石市──兵庫県明石市にある保育園.園庭を囲む形で,保育室,遊戯室を配置し,45×290mmの垂木(赤マツ集成材)を455mmピッチで配し屋根を構成した.縁側は,軒の出を2.9mとし,軒先を2.1mに押さえ,保育室と園庭を繋ぐと同時に,独立した共有スペースとしている.
2012年4月号113頁──むさしの幼稚園──宮里龍治アトリエ

2012年4月号113頁──むさしの幼稚園──宮里龍治アトリエ

愛知県豊橋市──愛知県豊橋市に建つ幼稚園.仮設園舎をつくらずに既存の園舎を使いながらながら3期にわたり建て替えを行った.門型フレームの構造で各建て替え時にも独立して建つように計画した.また,構造材は国産のスギ材,それ以外は地場産の三河スギを使用した.
2013年8月号120頁──Apartment惣──泉幸甫建築研究所

2013年8月号120頁──Apartment惣──泉幸甫建築研究所

東京都豊島区──元はアパートと駐車場が建っていた敷地を,賃貸集合住宅へ建て替えた.隣地には同オーナーが持つふたつの賃貸住宅と個人住宅が建ち,中庭はこれらの建物からもアクセスできるようにした.これにより周囲との関連性を持たせ,コミュニティをつくり出す.鉄筋コンクリート柱に組み込まれた樋を伝って雨水が落ちる. 掲載号はアプリで購入できます! 書籍購入はこちら
2013年8月号050頁──せとの森住宅──藤本壮介建築設計事務所

2013年8月号050頁──せとの森住宅──藤本壮介建築設計事務所

瀬戸内地方──地元企業の社宅.2戸1棟,計13棟の家が斜面地に沿うように配置される.既存のひな壇地形や石垣を残しつつ,階段や小径を設え,棟の間には100本以上の木を植樹した.ステンレスの外壁が映り込みによって表情を変える. 掲載号はアプリで購入できます! 書籍購入はこちら
2013年8月号056頁──大阪ガス実験集合住宅スマートリノベーション NEXT21 フェーズⅣ──統括 大阪ガス/設計 集工舎建築都市デザイン研究所 竹原義二/無有建築工房 近角よう子/近角建築設計事務所

2013年8月号056頁──大阪ガス実験集合住宅スマートリノベーション NEXT21 フェーズⅣ──統括 大阪ガス/設計 集工舎建築都市デザイン研究所 竹原義二/無有建築工房 近角よう子/近角建築設計事務所

大阪府大阪市天王寺区──1993年に竣工した大阪ガスの実験住宅NEXT21の第Ⅳフェーズ.2020年頃までの都市型集合住宅を前提として環境にやさしい豊かな暮らしを追求する.今回は,305住戸を竹原義二/無有建築工房,403住戸を近角よう子/近角建築設計事務所が改修.さらに全住戸,高効率で効果的な設備機器に更新した. 掲載号はアプリで購入できます! 書籍購入はこちら
2013年9月号170頁──若鶴大正蔵──金沢工業大学 蜂谷研究室(基本計画)/蜂谷俊雄+金沢計画研究所(実施設計)

2013年9月号170頁──若鶴大正蔵──金沢工業大学 蜂谷研究室(基本計画)/蜂谷俊雄+金沢計画研究所(実施設計)

富山県砺波市──1922年に建てられた若鶴酒造本社工場の酒蔵の改修.北陸コカ・コーラボトリングの創立50周年と,グループ会社である若鶴酒造の創業150周年に際する記念事業として,研修施設に再生された.改修前の設計・施工者が不明のため実測調査からはじめ,減築や補強を行い確認申請不要な改修とした. 掲載号はアプリで購入できます! 書籍購入はこちら
2013年9月号143頁──伊吹しまづくりラボ──設計施工 みかんぐみ+岡昇平+神奈川大学曽我部研究室

2013年9月号143頁──伊吹しまづくりラボ──設計施工 みかんぐみ+岡昇平+神奈川大学曽我部研究室

香川県観音寺市──数年前の台風被害により廃業となった漁とイリコ加工を行うための工場を利用した,瀬戸内芸術祭2013 夏会期に際したプロジェクト.伊吹島の文化や歴史を島民とともに研究するまちづくり拠点.漁用具や廃材や漁の期間中住み込むために持ち込まれていた生活用品などを活用しデザインした.ラボの活動は,島民たちを研究員をとして会期終了後も継続される. 掲載号はアプリで購入できます! 書籍購入はこちら
2013年11月号178頁──ルツェルン・フェスティバル アーク・ノヴァ──設計 アニッシュ・カプーア 磯崎新(基本構想・デザイン) イソザキ・アオキ アンド アソシエイツ(設計)

2013年11月号178頁──ルツェルン・フェスティバル アーク・ノヴァ──設計 アニッシュ・カプーア 磯崎新(基本構想・デザイン) イソザキ・アオキ アンド アソシエイツ(設計)

宮城県松島町──東北復興支援のためにスイスのルツェルン・フェスティバルにより企画された,幅30m×長さ36m×高さ78m,約500人収容可能な移動式コンサートホール.PVCコーティングのポリエステル繊維膜構造を採用.膜材は折りたたみ,各部材は分解し,トラックに積み込んでの移動を可能としている.各地を巡回予定. 掲載号はアプリで購入できます! 書籍購入はこちら
2013年11月号114頁──日本圧着端子製造──Atelier KISHISHITA+Man*go design

2013年11月号114頁──日本圧着端子製造──Atelier KISHISHITA+Man*go design

大阪府大阪市中央区──大阪市中央区道修町にある圧着端子やコネクターを製造する会社の本社ビル.卍型に建てられたビルの各階を4つに分割,隣り合うエリアが半階ずつスキップする,二重螺旋状の構成をとることにより,層ごとに分断されがちなオフィスの上下階を視覚的に繋ぐ.また,外観,内観合わせて約400m3の国産材が使用されている. 掲載号はアプリで購入できます! 書籍購入はこちら
2013年11月号090頁──資生堂銀座ビル──設計施工 竹中工務店

2013年11月号090頁──資生堂銀座ビル──設計施工 竹中工務店

東京都中央区──東京都中央区に建つ.資生堂本社旧社屋(1966年竣工,設計:谷口吉郎)の建て替え.銀座の並木通りに面するオフィスとソニー通りまで繫がるコア部分すべての外装を,未来唐草模様のアルミシェードで覆っている. 掲載号はアプリで購入できます! 書籍購入はこちら

2013年12月号036頁──紙のカテドラル──Shigeru Ban Architects Europe+ボランタリー・アーキテクツ・ネットワーク(VAN)/ Warren and Mahoney

ニュージーランド,クライストチャーチ──2011年2月22日に発生したカンタベリー地震によって倒壊したオーストラリア,クライストチャーチ市の大聖堂の仮設再建.現地工場でつくられた196本の紙管とLVL材を使用し,700人を収容できる大空間をつくり上げた.紙管の基礎としてコンテナを利用.コンテナの内部は居室として使われる. 掲載号はアプリで購入できます! 書籍購入はこちら
2017年3月号122頁──道の駅 びんご府中──シーラカンスK&H

2017年3月号122頁──道の駅 びんご府中──シーラカンスK&H

広島県府中市──広島県府中市の中心市街地に位置する市街地型道の駅.木屋根の建物を機能ごとに分散させ半屋外空間をつくりながら,無垢鉄骨の柱とラチストラスによるフレームを連続させ,構造を一体化して場所をつくっている.街の人が通り抜けることができる開かれた道の駅. 掲載号はアプリで購入できます! 書籍購入はこちら
2017年2月号144頁──都路地区公的賃貸住宅・集会所──出口敦(監修) 田中大朗建築都市設計事務所 富沢真二郎設計事務所 東京大学大学院新領域創成科学研究科出口研究室

2017年2月号144頁──都路地区公的賃貸住宅・集会所──出口敦(監修) 田中大朗建築都市設計事務所 富沢真二郎設計事務所 東京大学大学院新領域創成科学研究科出口研究室

福島県田村市──福島県田村市に建つ8戸の二戸一タイプと4戸の戸建てタイプの計12戸の木造平屋と集会所からなる公的賃貸住宅.他地区に先駆けて原発事故による避難指示が全面解除されたことを受け,住民復帰促進のために計画された.二戸一タイプでは広場と通りに面して格子状の耐震壁が配置され,視線・日射をコントロールしつつ生活領域を柔らかく区切る. 掲載号はアプリで購入できます! 書籍購入はこちら
2014年2月号152頁──シェアプレイス東神奈川99──総合企画・設計 リビタ/設計 リライトデベロップメント

2014年2月号152頁──シェアプレイス東神奈川99──総合企画・設計 リビタ/設計 リライトデベロップメント

神奈川県横浜市神奈川区──神奈川県横浜市神奈川区に建つ.企業の独身寮,家族用社宅として使用されていた建物を,99室のシェアハウスへと改修.壁式とラーメンという異なる構造形式の2棟が持つ既存のプランニングに,これまでのシェアハウスの運営で培ったノウハウを生かして,大・中・小さまざまな共用部を配置,入居者の行動を促すような空間づくりがされている. 掲載号はアプリで購入できます! 書籍購入はこちら
2014年2月号124頁──ソーラータウン府中──野沢正光建築工房

2014年2月号124頁──ソーラータウン府中──野沢正光建築工房

東京都府中市──都有地を活用する長寿命環境配慮住宅モデル事業として,高い耐久性,省エネルギー性,中小工務店の参画を条件とし,プロポーザルにより設計+施工者が採択された.全住戸にOMソーラーシステムを採用し,暖房,給湯,換気,発電を行う.竣工販売後の住戸(5人家族)の実測では,年間の電気消費量は約180kWh,都市ガスの消費量は約100㎥と大変低い値を示している.住戸群の中央に設けたコモンは,16戸の戸建住宅群それぞれの敷地の1割程度に地役権を設定することで生まれた共有部であり,住人が通行,交流できる. 掲載号はアプリで購入できます! 書籍購入はこちら

2014年2月号066頁──京都の集合住宅 NISHINOYAMA HOUSE──妹島和世建築設計事務所

京都府京都市──京都市の北西部に位置する閑静な住宅地に建つ全10住戸の賃貸集合住宅.周りの戸建て住宅に似たスケールの勾配屋根,21枚の連なりにより,大きな寄せ棟型の屋根をつくる.75mm角の無垢の鉄骨柱と幅75mm,成150mmの梁の上に,木の屋根が架かる混構造.屋根は複数の部屋をまたいで架けられる. 掲載号はアプリで購入できます! 書籍購入はこちら
2014年3月号128頁──尾張大国霊神社儺追殿──木内修建築設計事務所

2014年3月号128頁──尾張大国霊神社儺追殿──木内修建築設計事務所

愛知県稲沢市──尾張大国霊神社内に建つ儺追殿(なおいでん)の建て替え.年に一度の有名行事である儺追神事(通称:国府宮はだか祭)の舞台となる.接合部に金物による補強を行わない伝統木造構法を採用.限界耐力計算により耐震性能評価を行っている.延床面積は585㎡で,伝統木造構法による新築建物としては国内最大級規模. 掲載号はアプリで購入できます! 書籍購入はこちら
2014年5月号086頁──敦賀駅交流施設 オルパーク──デザイン監修 千葉学建築計画事務所/設計 ジェイアール西日本コンサルタンツ

2014年5月号086頁──敦賀駅交流施設 オルパーク──デザイン監修 千葉学建築計画事務所/設計 ジェイアール西日本コンサルタンツ

福井県敦賀市──敦賀駅と連動して設けられた交流施設.待合となる休憩所や売店,多目的室などを備える.ガラスカーテンウォールで覆われた中に,1909年頃に建てられた旧駅舎のスケールを踏襲した鉄筋コンクリート造のボックスが納められている.ボックスの外側はスギ材で覆われ,旧駅舎のフレンチウィンドウのスケールを引き継いだ開口が開けられている. 掲載号はアプリで購入できます! 書籍購入はこちら
2014年5月号040頁──上州富岡駅──武井誠+鍋島千恵/TNA

2014年5月号040頁──上州富岡駅──武井誠+鍋島千恵/TNA

群馬県富岡市──上信電鉄の上州富岡駅は2014年の世界遺産登録を目指している富岡製糸場の最寄り駅として建て替えられた駅舎.今後増加すると予想される観光客と,地域住民の生活交通としての役割を見据え建て替えた.富岡製糸場の木骨煉瓦造を参考に,鉄骨の柱を支えるブレースを挟み込むように煉瓦を積層した.積層した煉瓦は人が周りに集まれるようにベンチや壁となる. 掲載号はアプリで購入できます! 書籍購入はこちら 書籍購入はこちら
2014年6月号108頁──京橋こども園──清水建設

2014年6月号108頁──京橋こども園──清水建設

東京都中央区──東側の首都高速道路との間に挟まれて建つ.都市再生特別地区の指定を受け,清水建設本社の社会貢献施設として新設された.保育所と幼稚園の機能を一体化に提供すると共に,子育て支援事業も行う認定こども園.2階ピロティは,予測される津波の高さより高くし近隣のための防災広場とする.積層する施設の随所に子どものスケールの遊び場をちりばめた. 掲載号はアプリで購入できます! 書籍購入はこちら
2014年9月号186頁──NTTファシリティーズ新大橋ビル──NTTファシリティーズ

2014年9月号186頁──NTTファシリティーズ新大橋ビル──NTTファシリティーズ

東京都江東区──実際にこの建物を使って情報連携システムや電力マネジメント,直流給電システム,さらには新外皮検証や新オフィス空調,構造モニタリング・可変型制震システムといった先端技術を統合した試みが行われる実証実験型のオフィスである.隅田川沿いの環境を活かした光や風,温度変化が安定的な地熱利用が取り組まれると共に,天井のグリッドフレームが膜天井の放射(輻射)や通信線・電源線を有し,フロアのレイアウトフレキシビリティが確保されたオフィスとなっている. 掲載号はアプリで購入できます! 書籍購入はこちら
2014年9月号140頁──ゆりあげ港朝市──針生承一建築研究所

2014年9月号140頁──ゆりあげ港朝市──針生承一建築研究所

宮城県名取市──東日本大震災で被災した宮城県名取市閖上港で50年以上続くゆりあげ港朝市が復活した.隣に広浦の海が広がる.以前は仮設テントで行われていたが,カナダ政府からの寄付により本設での復興が決定.2013年5月に第1期ができ,今回新たに店舗棟3棟が完成し,グランドオープンとなった.建物全体に地場産スギ材を利用した. 掲載号はアプリで購入できます! 書籍購入はこちら
2014年11月号168頁──蛍遊苑 長府製作所記念館──泉幸甫建築研究所

2014年11月号168頁──蛍遊苑 長府製作所記念館──泉幸甫建築研究所

山口県下関市──山口県下関市長府に建つ,長府製作所の創業60周年を記念した施設.長府製作所の歴史をたどる展示室や,市民が利用できる茶室,喫茶室などが入る.近隣の木材を使用し,また地域の職人でつくった.大スパンをとばす多目的ホールの架構は,コンピュータと連動したフンデガーの3Dプレカット機により,3次元的に組み上げる複雑なパーツでできている. 建築専門誌『新建築』さん(@shinkenchikusha)がシェアした投稿 – 2017 7月 17 1:41午前 PDT 掲載号はアプリで購入できます! 書籍購入はこちら

2014年11月号070頁──アスペン美術館──坂茂建築設計

アメリカ合衆国コロラド州アスペン市──コロラド州に建つ,地下1階地上3階建ての現代美術館.厚さ8mmの合成樹脂加工木突板を格子状に編んだスクリーンで北面と東面のガラスカーテンウォールを覆う.3階は柱の少ないフレキシブルな空間とするため,スペースフレームを採用.スプルース材による上・下弦材をバーチ合板による三次元曲面のウェブ材によって,金物を使わず繋いだ. 掲載号はアプリで購入できます! 書籍購入はこちら
2015年1月号172頁──東京国立博物館 黒田記念館リニューアル──安井建築設計事務所

2015年1月号172頁──東京国立博物館 黒田記念館リニューアル──安井建築設計事務所

東京都台東区──登録有形文化財に指定されている東京国立博物館黒田記念館の改修プロジェクト.鉄筋コンクリート造2階建て.補修により既存意匠を継承しつつ,耐震性能の確保,気密性の向上,展示室の空気環境の向上,バリアフリー化などが施された.オリジナルは岡田信一郎氏の設計により1928年に竣工. 掲載号はアプリで購入できます! 書籍購入はこちら
2015年2月号163頁──大阪ガス実験集合住宅NEXT21──大阪ガス 大京 近鉄不動産 集工舎建築都市デザイン研究所 岩村アトリエ KBI計画・設計事務所

2015年2月号163頁──大阪ガス実験集合住宅NEXT21──大阪ガス 大京 近鉄不動産 集工舎建築都市デザイン研究所 岩村アトリエ KBI計画・設計事務所

大阪府大阪市天王寺区──大阪ガスが所有する実験集合住宅「NEXT21」の第4フェーズ居住実験.住戸改修を行うにあたり,分譲マンションデベロッパーを対象にリアルで時代のニーズを汲み取った「2020年の住まい」の住戸提案を募集するコンペを開催し,大京,近鉄不動産の提案が最優秀賞に選定され改修に至った.501住戸はひとつの空間をシェアする新しい集合住宅の暮らしを提案.404住戸は少人数の複数世帯が集まりお互いサポートして暮らす住宅の提案した.   掲載号はアプリで購入できます! 書籍購入はこちら
2015年4月号138頁──港北幼稚園──仙田満+環境デザイン研究所

2015年4月号138頁──港北幼稚園──仙田満+環境デザイン研究所

神奈川県横浜市──幼稚園の園舎建て替え.遊戯室を中心として4棟のロフト空間を持った保育室が配され,2階テラスが棟を繋ぐ.木造2階建て.遊戯室はスギ規格製材(最大断面120mm×180mm,材長4~6m)を用いて構成された梁間11.7m×桁行18.0m×高さ8.9mの大空間.空中ブリッジを内包する上部の台形トラス梁を,回遊ギャラリーを内包する左右の三角形トラス柱で支えることで,屋根構造のスパン短縮と高い位置での支持を可能にしている. 掲載号はアプリで購入できます! 書籍購入はこちら
2015年4月号110頁──ゆたか幼稚園──SUGAWARADAISUKE

2015年4月号110頁──ゆたか幼稚園──SUGAWARADAISUKE

埼玉県三郷市──埼玉県三郷市に建つ私立幼稚園の建て替え計画.遊びの中で子どもたちが学び,自発性を持たせるという教育理念を実現するため,さまざまな体験や遊びを誘発するように,遊び場を敷地全体に展開することを目指した.建物中央に遊戯室,その周りに教室を配置.上部に開口を持つ山並耐力壁は,園庭,保育室,遊戯室のそれぞれの間に重層感をつくり出す. 掲載号はアプリで購入できます! 書籍購入はこちら
2015年4月号102頁──新栄保育園──小川達也+松田光司+渋谷真弘/16アーキテクツ+Sma

2015年4月号102頁──新栄保育園──小川達也+松田光司+渋谷真弘/16アーキテクツ+Sma

東京都新宿区──東京都新宿区に建つ私立認可保育園.南北に細長い敷地に対して,建物を逆S字型の形状とし中心に中庭を設けることで,東西に広がる緑地帯を緩やかに連続させる.中庭に面する壁面をガラス張りにすることで高い開放性を確保.中庭越しに施設全体に視線が届くことで,自然と異年齢の活動が感じ取れる空間としている.3〜5歳児はひと繋がりの保育室で異年齢保育を行う. 掲載号はアプリで購入できます! 書籍購入はこちら
2015年4月号062頁──はあと保育園──大野秀敏+江口英樹/アプルデザインワークショップ

2015年4月号062頁──はあと保育園──大野秀敏+江口英樹/アプルデザインワークショップ

山口県山口市──山口県山口市に建つ,最大計画人数120人の認可保育園.隣接する都市公園が視覚的に連続するように園庭を公園側に配置.南隣には同じ社会福祉法人が運営する老人福祉施設があり,食事サービス施設やビオトープなどを共有.安全性を考慮して2階テラス部分は全体をアルミ被覆したひし形金網で覆い,壁面緑化の支えとしている. 掲載号はアプリで購入できます! 書籍購入はこちら
2015年5月号162頁──三次市農業交流連携拠点施設 トレッタみよし──中薗哲也/ナフ・アーキテクト&デザイン,崇城大学 名和研二/なわけんジム

2015年5月号162頁──三次市農業交流連携拠点施設 トレッタみよし──中薗哲也/ナフ・アーキテクト&デザイン,崇城大学 名和研二/なわけんジム

広島県三次市──広島県三次市に位置する地場特産品や特産物を販売する農業交流の拠点施設.地場産のスギ丸太材を用いた斜め組柱「木花(きっか)」により鉛直力と水平力を負担し,上部には周囲の葡萄畑をイメージして枝や葉が折り重なるように木材を上下2段に重ねた24m角の大屋根が架かる. 掲載号はアプリで購入できます! 書籍購入はこちら
2015年6月号058頁──若人の広場──丹下都市建築設計

2015年6月号058頁──若人の広場──丹下都市建築設計

兵庫県南あわじ市──丹下健三の設計により1967年に竣工した,太平洋戦争で犠牲になった動員学徒の追悼施設「戦没学徒記念若人の広場」(『丹下健三』,2002年,新建築社)の改修.約20年間閉鎖状態が続いていたが,南あわじ市が買い取り公園として再整備するに伴い,耐震補強も含めた改修・一部復元が行われた. 建築専門誌『新建築』さん(@shinkenchikusha)がシェアした投稿 – 2017 7月 20 10:17午後 PDT 建築専門誌『新建築』さん(@shinkenchikusha)がシェアした投稿 – 2017 7月 21 4:34午前 PDT 掲載号はアプリで購入できます! 書籍購入はこちら
2015年8月号196頁──国際石油開発帝石 直江津東雲寮──基本設計・監修・監理 NTTファシリティーズ/実施設計 大林組一級建築士事務所

2015年8月号196頁──国際石油開発帝石 直江津東雲寮──基本設計・監修・監理 NTTファシリティーズ/実施設計 大林組一級建築士事務所

新潟県上越市──直江津LNG基地勤務者のための生活基盤としての寮.大規模災害時においてもLNG基地の操業を継続させるため,寮施設にも高いBCP性能が求められた.インフラ断絶時にも自立運転可能なエネルギーシステムを構築したほか,災害時には共用部の地域開放も見込んでいる. 掲載号はアプリで購入できます! 書籍購入はこちら
2016年1月号185頁──相合家具デザインラボ──隈研吾建築都市設計事務所

2016年1月号185頁──相合家具デザインラボ──隈研吾建築都市設計事務所

三重県伊賀市──モードウレタンを用いた家具を得意とする相合家具製作所のデザインラボ.外壁は鉄骨の構造体を発泡ウレタンで被覆.ウレタンの厚さを調整することにより断熱性と透光性を獲得.外側をETFE膜で覆うこと紫外線をカットし,ウレタンの劣化を防ぐ. 掲載号はアプリで購入できます! 書籍購入はこちら
2016年1月号178頁──小松精練ファブリックラボラトリー fa-bo──隈研吾建築都市設計事務所

2016年1月号178頁──小松精練ファブリックラボラトリー fa-bo──隈研吾建築都市設計事務所

石川県能美市──繊維を専門に扱う小松精練の旧本社棟の改修.自社で開発中の「炭素繊維ストランドロッド」を用いた補強を行なっており,デザイン性も兼ね備えた耐震補強の可能性を提案する.現在,耐震補強部材としての認定を目指して取り組みを進めている. 掲載号はアプリで購入できます! 書籍購入はこちら
2016年1月号136頁──上島町の介護付有料老人ホーム  クルーヴ くすのき・萱島──香川貴範+岸上純子/SPACESPACE

2016年1月号136頁──上島町の介護付有料老人ホーム クルーヴ くすのき・萱島──香川貴範+岸上純子/SPACESPACE

大阪府門真市──50の個室を有する民間運営の2階建て介護付有料老人ホーム.入居者は介護や食事などのサービスを受け生活する.食堂・機能訓練室などパブリックな場は積極的に開口を設けて外部との接続を図り,天井面は切妻型を連続させて高さと開放感を確保する.壁・天井はシナ合板を用いるなど木質空間をつくり出す. 掲載号はアプリで購入できます! 書籍購入はこちら
2016年3月号174頁──通天閣免震化──竹中工務店

2016年3月号174頁──通天閣免震化──竹中工務店

大阪府大阪市浪速区──1912年に建設された初代通天閣.その後,地元の有志の協力で1956年に内藤多仲によって設計された通天閣を免震化する試み.改修にあたっては南海トラフ大地震などの災害に備えての耐震性の向上,登録有形文化財として外観の維持,工事期間中の営業の安全・継続の確保が求められた.そこで,改修範囲が基壇部に集約され,外観に与える影響を最小限に留めることができる鉄塔建造物の中間階免震構造による耐震改修工事を施している. 掲載号はアプリで購入できます! 書籍購入はこちら

2016年4月号080頁──スコルコボ ゴルフ クラブハウス──坂茂建築設計

ロシア、モスクワ、スコルコボ──モスクワのゴルフ場に整備されたクラブハウス.当初,冬が長いモスクワでも年間を通して利用できるようなインドアのプールやテニスコートなどを整備する予定であったが,その後の景気低迷により,ゴルフクラブが先行して建てられた.外壁や柱にスプルース集成材の丸太を用いている. 掲載号はアプリで購入できます! 書籍購入はこちら
2016年5月号160頁──吉井保育所──角野辰徳/tatta建築設計事務所+古賀俊光/Atelier NID

2016年5月号160頁──吉井保育所──角野辰徳/tatta建築設計事務所+古賀俊光/Atelier NID

長崎県佐世保市吉井町──敷地のある佐世保市吉井町は人口約6,000人ほどの地域で,町の中心を2級河川の佐々川が流れる山岳に囲まれた緑豊かな地域である.スパン8m,天井高5mのスギ集成材による門型フレームが連なる遊戯室は園庭と一体的に利用することも想定されている. 掲載号はアプリで購入できます! 書籍購入はこちら
2016年5月号132頁──グローバルキッズ飯田橋園──石嶋設計室+のみぞ計画室+コト葉LAB.(園庭)

2016年5月号132頁──グローバルキッズ飯田橋園──石嶋設計室+のみぞ計画室+コト葉LAB.(園庭)

東京都千代田区──飯田橋の4階建てのオフィスビルを1棟そのまま,保育事業を展開している株式会社グローバルキッズの施設に用途変更する計画.十分な面積を取れずに敷地内に園庭を設けられないので,建物内に設けている.1階はグローバルキッズの本社機能,2,3階は東京都認可保育所,4階は学童クラブと一時保育室へ用途変更している. 掲載号はアプリで購入できます! 書籍購入はこちら
2016年5月号102頁──かまいしこども園──平田晃久建築設計事務所

2016年5月号102頁──かまいしこども園──平田晃久建築設計事務所

岩手県釜石市天神町──東日本大震災で被災した釜石保育園と釜石第一幼稚園を統合したこども園.4つのボリュームの間を遊戯室とした.重なり合う4つの屋根の間からは自然光が差し込み,寒い冬でも遊び回れる屋内の広場となっている.柱は200mm角,梁は150×540mmの集成材で,燃えしろをとることで現しとしている. 掲載号はアプリで購入できます! 書籍購入はこちら
2016年5月号086頁──ちぐさこども園──仙田満+環境デザイン研究所

2016年5月号086頁──ちぐさこども園──仙田満+環境デザイン研究所

群馬県沼田市──幼稚園舎の建て替えにあたり,ホールから保育室まで,できる限り一体となった空間が求められた.天井高最大約8.5mの扇形のホールの円弧に沿って,保育室が配置されている.ホールはできるだけ柱を設けず,中央のホールから外側の保育室まで,木構造の吊り屋根が広がる. 掲載号はアプリで購入できます! 書籍購入はこちら

2016年8月号114頁──矢吹町中町第二災害公営住宅──岩堀未来・倉本剛・長尾亜子・野上恵子

福島県西白河郡矢吹町──全23戸の災害公営住宅.敷地を通り抜ける歩行者の「みち」に面して奥行1間の「縁にわ」を設けている.居室は南北に細長い筒状の空間で,フラットタイプとメゾネットタイプの2タイプの住戸がずれながら連続している. 掲載号はアプリで購入できます! 書籍購入はこちら
2016年9月号076頁──十日町市市民交流センター「分じろう」十日町市市民交流センター「十じろう」──青木淳建築計画事務所

2016年9月号076頁──十日町市市民交流センター「分じろう」十日町市市民交流センター「十じろう」──青木淳建築計画事務所

新潟県十日町市──新潟県十日町市の中心市街地に建つふたつの建物の改修.設計段階から「ブンシツ」と称する設計事務所の分室を設計者が現地に設け,地域の人びとの声を聞き取る設計手法がとられた.マーケット広場と呼ばれる半外部空間は両施設に設けられ,道路と建物の間に位置する活動の場を提供する. 掲載号はアプリで購入できます! 書籍購入はこちら
2016年11月号186頁──ポラス建築技術訓練校──ポラテック

2016年11月号186頁──ポラス建築技術訓練校──ポラテック

埼玉県越谷市──埼玉,千葉,東京で新築一戸建て分譲住宅を中心に事業を展開するポラスグループの企業内職業訓練施設.一般流通材を複数本集束させることで,大断面集成材と同径の性能を持つ部材として構成することが可能となる「合せ柱・合せ梁・重ね梁」を新たに開発.実例モデルとして実習棟と事務所棟の2棟を建設し,木造非住宅建築物や新工法の普及促進を図る. 掲載号はアプリで購入できます! 書籍購入はこちら
2016年11月号090頁──山元町立山下第二小学校──八木真爾+谷口直英/佐藤総合計画 末光弘和+末光陽子/SUEP.

2016年11月号090頁──山元町立山下第二小学校──八木真爾+谷口直英/佐藤総合計画 末光弘和+末光陽子/SUEP.

宮城県亘理郡山元町──東日本大震災で津波被害を受けた山元町山下第二小学校(写真手前)の移転建て替えプロジェクト.沿岸部の被災エリア一帯が土盛りをした内陸部へと防災集団移転事業の一環として,山元町こどもセンター,山元町つばめの杜保育所を一体整備.田の字型プランの教室群に放射状に配置されたカラマツ集成材による傘のような屋根がユニットごとに架かる. 掲載号はアプリで購入できます! 書籍購入はこちら
2016年12月号074頁──洸庭──名和晃平│SANDWICH

2016年12月号074頁──洸庭──名和晃平│SANDWICH

広島県福山市──広島県福山市の神勝寺に「禅と庭のミュージアム」のひとつとして新設されたアートパヴィリオン.外装はすべてサワラ材で覆われており,周囲と調和していく繊細な素材.舟をモチーフにした建物の内部には,名和晃平氏によるインスタレーションがある. 掲載号はアプリで購入できます! 書籍購入はこちら