2018年4月号162頁──秋田オーパ──青木茂建築工房

2018年4月号162頁──秋田オーパ──青木茂建築工房

秋田県秋田市──1974年に建設され,老朽化や耐震性の問題と空床率の増加という問題を抱えていた商業施設をリファイニングすることで,新たな商業施設として再生させるプロジェクト.既存の外壁を解体し軽量化を図った上で,外観の特徴となる連層耐震壁を設置し,施設のイメージを一新している. 掲載号はアプリで購入できます! 書籍購入はこちら
2009年5月号081頁──国際教養大学図書館棟・講義棟──仙田満+環境デザイン・コスモス設計共同企業体

2009年5月号081頁──国際教養大学図書館棟・講義棟──仙田満+環境デザイン・コスモス設計共同企業体

秋田県秋田市──秋田市郊外の国際教養大学の既存キャンパスに建てられた図書館棟と講義棟.それぞれ異なる構造を用いて,鉄筋コンクリート造の躯体に秋田スギによる木造の屋根を持つ.図書館グレートホールはスチールフィーレンデールとホール中央の直径300mmのスギ丸太を鉄骨で束ねた放射状斜柱による傘状の構造.半円状の平面を持つグレートホールは段上の床で構成され,段下にはリーディングスペースなどさまざまな場所がつくられている.講義棟レクチャーホールには木造3次元トラスによる屋根が架けられている.
2009年5月号092頁──国際教養大学学生宿舎──設計チーム木

2009年5月号092頁──国際教養大学学生宿舎──設計チーム木

秋田県秋田市──国際教養大学内につくられた学生宿舎.木造2階建てで,12棟・計202戸ある.東西に分けられて配置され,各棟をモールという屋根の付いた共用廊下が繋ぐ.壁の付加断熱や床裏の基礎断熱,ツララ・スガモレ対策の桁上断熱など寒冷地特有の工夫があり,Q値(熱損失係数)1.29W/m2Kを実現している.設計チーム木は、大規模コンペに応募するために設立された秋田県能代市の設計事務所6社による協同組合.西方設計,今井ヒロカズ建築設計事務所,丹波孝次建築設計事務所,アートCLUB一級建築設計事務所,長門建築設計事務所,小野建築構造設計室が参加している.
2012年7月号135頁──由利本荘市文化交流館 カダーレ──新居千秋建築都市設計

2012年7月号135頁──由利本荘市文化交流館 カダーレ──新居千秋建築都市設計

秋田県秋田市由利本荘市──秋田県由利本荘市に建つホール,図書館,公民館,プラネタリウムなどからなる文化複合施設.設計,ホールの音響シミュレーション,施工に至るまで3次元CADを用いた.ホールは,お祭りを行うために,客席を移動し,市民活動室,ギャラリー,ポケットパークを繋ぐ135mの道をつくることができる.
2013年4月号082頁──あきたチャイルド園──泉俊哉/サムコンセプトデザイン

2013年4月号082頁──あきたチャイルド園──泉俊哉/サムコンセプトデザイン

秋田県秋田市──寒冷地に建つ平屋建ての認可保育所.中庭と屋上を園庭とし,緑豊かに設えている.屋上と中庭は滑り台とふたつの階段で繋ぎ,回遊性を設けた.保育室は0〜5歳までの空間がオープンに繋がり,読書ゾーン,ままごとゾーンなど機能によってコーナーが分ける「コーナー保育」を実践.コーナーは家具や植物,天井から天蓋などを吊り下げてつくられる. 掲載号はアプリで購入できます!
2014年7月号148頁──エリアなかいち──アール・アイ・エー(秋田市にぎわい交流館,商業・駐車場棟,住宅棟及び全体計画)

2014年7月号148頁──エリアなかいち──アール・アイ・エー(秋田市にぎわい交流館,商業・駐車場棟,住宅棟及び全体計画)

秋田県秋田市──空洞化が進む秋田市中心部に賑わいを取り戻すべく,1995年から構想がスタートした市街地再開発計画.市民の文化活動の場となるにぎわい交流館,安藤忠雄氏の設計による秋田県立美術館のほか,商業棟,住宅棟の4棟からなる.分棟構成にすることにより,東北三大祭りのひとつである竿燈祭りの会場となる公園に面したにぎわい広場や,囲われ感のあるなかいち広場,建物間の路地など,複数の連続した外部空間を生み出した. 掲載号はアプリで購入できます! 書籍購入はこちら
2014年7月号140頁──秋田県立美術館──安藤忠雄建築研究所

2014年7月号140頁──秋田県立美術館──安藤忠雄建築研究所

秋田県秋田市──秋田市中心市街地で行われた再開発「エリアなかいち」内に位置する美術館.久保田城跡の千秋公園内に建つ既存の美術館が移転した.1930年代を中心とした藤田嗣治作品を多く収蔵している.鉄筋コンクリート造,3階建て. 掲載号はアプリで購入できます! 書籍購入はこちら

2016年4月号192頁──増田図書館──See Visions

秋田県横手市──公共施設オープン・リノベーション マッチングコンペティションにより,市町村合併によって生まれた庁舎の空きスペースに,近くの施設にあった図書館を移設するプロジェクト.カフェや貸事務所など,同施設内に一定の滞留人口を生み出し賑わいをつくり出す. 掲載号はアプリで購入できます! 書籍購入はこちら