2008年5月号116頁──日向市駅──総括監修 篠原修/意匠統括 内藤廣/設計 内藤廣建築設計事務所 九州旅客鉄道・交建設計

宮崎県日向市──約10年の歳月をかけ完成された駅舎.地場のスギ材による変断面湾曲集成材による梁がプラットホームの大屋根を支える.プラットホーム下のコンコースを介して街の東西が繋がる.東西の駅前広場には地場のスギ材によるストリートファニチャーが配置されている.

2016年9月号098頁──日南市油津商店街 多世代交流モール──水上哲也建築設計事務所

宮崎県日南市──スーパーマーケットとして建てられた築28年の既存建物を,日南市から業務委託されているテナントミックスサポートマネージャーを中心に展開する油津商店街再生プロジェクトの主要施設として改修.鉄骨ラーメン造の建物を一部減築して外部空間とし,建物を2棟に分割.集会スペースと飲食スペースを持つ複合施設として再生した. 掲載号はアプリで購入できます! 書籍購入はこちら

2016年11月号120頁──ウッドエナジー協同組合──網野禎昭/法政大学建築構法研究室 河野泰治アトリエ

宮崎県日南市──宮崎県の特産品である飫肥杉を集成材・乾燥材の生産に利用することで,飫肥杉の利用促進を進めるウッドエナジー共同組合の新社屋.崖条例から導かれた不整五角形のボリューム.CLT耐力壁,集成材スラブ,鉄骨梁をそれぞれ適材配置. 掲載号はアプリで購入できます! 書籍購入はこちら