2016年5月号160頁──吉井保育所──角野辰徳/tatta建築設計事務所+古賀俊光/Atelier NID

2016年5月号160頁──吉井保育所──角野辰徳/tatta建築設計事務所+古賀俊光/Atelier NID

長崎県佐世保市吉井町──敷地のある佐世保市吉井町は人口約6,000人ほどの地域で,町の中心を2級河川の佐々川が流れる山岳に囲まれた緑豊かな地域である.スパン8m,天井高5mのスギ集成材による門型フレームが連なる遊戯室は園庭と一体的に利用することも想定されている. 掲載号はアプリで購入できます! 書籍購入はこちら
2016年5月号146頁──森のおうち保育園──環・設計工房

2016年5月号146頁──森のおうち保育園──環・設計工房

福岡県福岡市中央区──住宅地に建つ木造2階建ての保育園.シュタイナー教育の認可保育園としては全国初.園庭から見える柱や梁は45分の燃えしろを見込んで設計することにより在来木造の現しとしている. 掲載号はアプリで購入できます! 書籍購入はこちら
2016年6月号100頁──KITTE博多──日本郵政一級建築士事務所

2016年6月号100頁──KITTE博多──日本郵政一級建築士事務所

福岡県福岡市博多区──JR博多駅に隣接して建っていた老朽化した旧博多郵便局の建て替え.既存駅ビルとの連担建築物認定により,隣地斜線制限の緩和や延焼の恐れのある部分の範囲の緩和が可能となり,商業施設に建て替えられた.博多駅南西街区を一体で地区整備計画区域とし,駅を拠点としたまちづくりの方針が定められた. 建築専門誌『新建築』さん(@shinkenchikusha)がシェアした投稿 – 2017 7月 7 8:58午後 PDT 掲載号はアプリで購入できます! 書籍購入はこちら
2016年7月号106頁──変なホテル・ウエストアーム──KAJIMA DESIGN

2016年7月号106頁──変なホテル・ウエストアーム──KAJIMA DESIGN

長崎県佐世保市──変なホテルの2期となるウエストアーム,宿泊用途として国内初となるCLT構造を採用し,敷地の勾配に合わせた分棟型配置で客室72室を計画.一次エネルギー削減のため自立型水素エネルギー供給システムを導入しており,一部客室(12室)の必要電力を供給する. 掲載号はアプリで購入できます! 書籍購入はこちら

2016年9月号098頁──日南市油津商店街 多世代交流モール──水上哲也建築設計事務所

宮崎県日南市──スーパーマーケットとして建てられた築28年の既存建物を,日南市から業務委託されているテナントミックスサポートマネージャーを中心に展開する油津商店街再生プロジェクトの主要施設として改修.鉄骨ラーメン造の建物を一部減築して外部空間とし,建物を2棟に分割.集会スペースと飲食スペースを持つ複合施設として再生した. 掲載号はアプリで購入できます! 書籍購入はこちら

2016年11月号120頁──ウッドエナジー協同組合──網野禎昭/法政大学建築構法研究室 河野泰治アトリエ

宮崎県日南市──宮崎県の特産品である飫肥杉を集成材・乾燥材の生産に利用することで,飫肥杉の利用促進を進めるウッドエナジー共同組合の新社屋.崖条例から導かれた不整五角形のボリューム.CLT耐力壁,集成材スラブ,鉄骨梁をそれぞれ適材配置. 掲載号はアプリで購入できます! 書籍購入はこちら

2016年12月号174頁──中島川・寺町PJ──百枝優建築設計事務所

長崎県長崎市──長崎市を拠点とする民間企業の呼びかけにより始まった官民による共同プロジェクト.学生によるリサーチをベースに,空きテナントを路面店として開放するなど,眼鏡橋や寺といった多くの観光資産を持つ街の特性を生かしてエリア再編に取り組む. 掲載号はアプリで購入できます! 書籍購入はこちら
2017年1月号170頁──三角港キャノピー──ネイ&パートナーズジャパン

2017年1月号170頁──三角港キャノピー──ネイ&パートナーズジャパン

熊本県宇城市──JR三角駅から三角港フェリー乗り場まで向かう人びとを誘導するための通路キャノピーの計画.乗り換え待ちの観光客が滞在できる公園,駅前空間と共に「三角港港湾海辺空間創造工事」の一環として整備された.「海のピラミッド(熊本県三角港旅客上屋)」(設計:本誌9006,設計:葉デザイン事務所)を囲むように配置された円弧状の屋根が駅とフェリー乗り場を繋ぐ. 掲載号はアプリで購入できます! 書籍購入はこちら
2017年1月号160頁──福岡市水上公園 SHIP’S GARDEN──松岡恭子/スピングラス・アーキテクツ+井手健一郎/リズムデザイン(建築)/エスティ環境設計研究所(公園)

2017年1月号160頁──福岡市水上公園 SHIP’S GARDEN──松岡恭子/スピングラス・アーキテクツ+井手健一郎/リズムデザイン(建築)/エスティ環境設計研究所(公園)

福岡県福岡市中央区──福岡市水上公園と公園内に設けられた休養施設.水上公園は1924年に整備された同市初の街区公園.今回の整備にあたり対岸の旧西中洲公園を区域変更により一部(821㎡)を水上公園へ算入し,公園面積を拡大.これにより休養施設の建築面積を確保している. 掲載号はアプリで購入できます! 書籍購入はこちら